英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
【絵本】Queen and Rosie Randall / Helen Oxenbury
2017年05月26日 (金) | 編集 |
Queen and Rosie RandallQueen and Rosie Randall
(1979/02)
Helen Oxenbury、Jill Buttfield-Campbell 他

商品詳細を見る
YL:2
語数:1537

The telephone rang, and Rosie came downstairs to answer it.
“Rosie Randall speaking,” she said.
“Oh Rosie,” said a worried voice the other end, “it’s only the Queen. Can you come over and help me? I’ve got into one of my muddles, and I don’t know what to do.”
“I’ll come as soon as I can.” Said Rosie.


Rosieが王宮に行って女王の悩みを解決してあげる、というお話。
お客としてやってきた王様や大臣たちと庭で長縄跳びなどをして
遊びます。
日本では出版されてなさそうな絵本です。
(私が知らないだけかも)

ちょっと違和感がありますが、こういった積み重ねから
市民が力をつけてきたってことでしょうか。


【絵本】The Quangle Wangle's Hat / Edward Lear ・ Helen Oxenbury  
2017年04月20日 (木) | 編集 |

The Quangle Wangle's Hat (Puffin Picture Books)The Quangle Wangle's Hat (Puffin Picture Books)
(1973/01/25)
Edward Lear

商品詳細を見る
YL:1
語数:365

On top of the Crumpetty Tree
The Quangle Wangle sat,
But his face you could not see,
On account of his Beaver Hat.
For his Hat was a hundred and two feet wide,
With ribbons and bibbons on every side,
And bells, and buttons, and loops, and lace,
So that nobody ever could see the face
Of the Quangle Wangle Quee.


102フィート=約31メートルの帽子をかぶって
巨大な木の上に座っているQuangle Wangle氏。
「ジャムやゼリーやパンが食べたいなあ」と
思っているといろいろな動物たちが尋ねてきます。

結構読者を選びそうな本です^^;
ドクター・スースが好きな人なら気に入るかも。

【絵本】Pig Tale / Helen Oxenbury 
2017年01月11日 (水) | 編集 |
Pig TalePig Tale
(2005/07/05)
Helen Oxenbury

商品詳細を見る
YL:2
語数:800

風刺が効いている話でどう考えたらいいか迷います!
子どもに「豚でいるほうがいいよ~」というのかな?!


This is the story of two bored pigs.
She was called Bertha and his name was Briggs.
They would lie in the grass and moan and complain:
“Nothing happens to us --- every day is the same!”


なに不自由なく暮らしている豚のBertha とBriggs。


But Bertha and Briggs were never content.
On money and riches their two minds were bent.
There were so many wonderful things they would do –
only then would they really be happy, they knew.


だけど、お金があったら幸せになれるのに~、と夢見ています。


Then one sunny day they were nosing about
when Briggs grubbed up a chest with the end of his snout.
They opened the lid with a squeal of delight,
for the chest contained treasure, all glittering bright.


そしてある日、宝が入った箱を見つけ、金持ちに!


grub[grˈʌb] 掘り返す、骨折って捜し出す、地虫、うじ、食物
snout[snάʊt] (豚などの)突き出た鼻
be bent on ~に夢中になっている



【絵本】Dragon of an Ordinary Family / Margaret Mahy
2016年11月24日 (木) | 編集 |
Dragon of an Ordinary FamilyDragon of an Ordinary Family
(1991/05/02)
Margaret Mahy

商品詳細を見る
YL:1.7
語数:1660

There was this family called Belsaki…Mr Belsaki, Mrs Belsaki, and their little boy, Orland Belsaki. They were quite ordinary people, their house was a quite ordinary house in a quite ordinary street --- and no doubt they would have lived quite ordinary lives forever, if one morning Mrs Belsaki hadn’t called Mr Belsaki a FUDDY-DUDDY.

Belsaki家はきわめて平凡な町のきわめて平凡な家に住む、
きわめて平凡な一家で、そのまま平凡な生活を送ることは
疑いもないことでした。
もしある朝Belsaki夫人が夫のBelsaki氏を
FUDDY-DUDDYと呼びさえしなければ。

帰りにペットショップでペットを飼ってきてね、と
頼まれたBelsakiさん。
奥さんへの腹いせもあって50pで叩き売られていた
小さな竜を飼うことにしたのですが。。。

家族も竜もとってもとぼけてます。

ケイト・グリーナウェイ賞受賞。

俺のフレンチ

【絵本】Farmer Duck / Martin Waddell ・ Helen Oxenbury
2014年03月05日 (水) | 編集 |
Farmer DuckFarmer Duck
(1996/03/01)
Martin Waddell

商品詳細を見る
YL:1.1
語数:390

There once was a duck who had the bad luck to live with a lazy old farmer.
The duck did the work.
The farmer stayed all day in bed.
The duck fetched the cow from the field.
“How goes the work?” called the farmer.
The duck answered,
“Quack!”


怠け者の農夫の代わりに農場の仕事を一手に引き受けて
働くあひるのお話。
味があるけど妙に迫力のあるイラストで描かれる農場の様子。
アヒルの表情がリアル。
“Quack!”がはまってます。

反骨の画家なのかしら。

【絵本】The Hunting of the Snark スナーク狩り / Lewis Carroll ・ Helen Oxenbury
2014年03月03日 (月) | 編集 |
The Hunting of the SnarkThe Hunting of the Snark
(1970/09)
Lewis Carroll

商品詳細を見る
YL:9
語数:4449

『スナーク狩り 8章の苦悶』(スナークがり はっしょうのくもん、The Hunting of the Snark (An Agony in 8 Fits) )は、伝説の生物スナークを捕まえようとする探索者達の一行を描いた、ルイス・キャロルによるナンセンス詩である
The Hunting of the Snark
スナーク狩り
ウィキペディア
より引用

Oxenburyさんの絵本で表紙はビーバー、ということで
何も考えずに読み始めたところ、あまりの読みにくさに、
これ英語?もしかして反対から読むの?
という疑惑さえ思い浮かぶので確認すると・・・
作者ルイス・キャロル!
ナンセンス詩『スナーク狩り』!
宮部みゆきの小説しか知らなんだ・・・。

とりあえずイラストを見ながら文字だけ追って
ウィキペディアを読み込みました^^;

基本言葉遊びなんですかねー。
難解!
文字だけだと挫折しそうですが、
イラストのおかげで世界観がわかります。

Project Gutenberg
The Hunting of the Snark: An Agony in Eight Fits by Lewis Carroll

または、
キンドル版だと0円でダウンロード出来ます。