英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Capture of Cerberus / Agatha Christie
2014年04月27日 (日) | 編集 |
Hercule Poirot: The Complete Short StoriesHercule Poirot: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


The Labours of Hercules (Poirot)The Labours of Hercules (Poirot)
(2010/10/14)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:8
語数:73995
に収録。

『ケルベロスの捕獲』 - The Capture of Cerberus
混雑した駅で、ポアロはロサコフ伯爵夫人と偶然再会する。逆方向に進むエスカレーターでポアロはどこへ行けば会えるかと聞くと伯爵夫人は「地獄で……」と答える。
ウィキペディアより引用

今回はポアロの恋物語、ということだったので、
ちょっとドキドキしながら読みました(笑)

途中、頭のいい若い女子にそのこと関して揶揄られ、

‘One believes what one wishes to believe,’
「ま、人は信じたいと思うことを信ずるものですからね」

ポアロもたじたじ。
His vanity suffered!

Though it was something like twenty years since he had seen her last the magic still held. Granted that her make-up now resembled a scene-painter’s sunset, with the woman under the make-up well hidden from sight, to Hercule Poirot she still represented the sumptuous and the alluring.
最後に彼女に会ったときから数えて、もうかれこれ二十年にもなるが、にもかかわらず、魔力はいまなお健在であった。よしんば彼女の濃いメーキャップが、いまでは舞台の書き割りに描かれた日没よろしく、そのけばけばしさで当の本人をすっかりおおい隠していたとしても、ポワロにとって、いまだに彼女は、濃艶かつ魅惑的な女性を代表するものなのだった。
(日本語訳は『名探偵ポワロの華麗なる生涯』より引用)


ところで、『アガサ・クリスティーの秘密ノート』に
アガサ・クリスティーの秘密ノート(上)(ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)アガサ・クリスティーの秘密ノート(上)(ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2010/04/05)
アガサ・クリスティー、ジョン・カラン 他

商品詳細を見る

魅力的な初期バージョンが収録されているというので、
読んでみました♪

うーん、全然違う話!
とても政治的な大胆な設定!
派手な話なので、12の冒険を締めくくるに相応しいかも。
でも出版を断られたのもわかります。

しかし、英語で読むことの良さのひとつは
自分の好きなように翻訳出来ることだと痛感しました。
日本語で読むとポアロの性格がなんか違うー。

それにしても、あああ、読み終わってしまった。

『The Complete Short Stories 』で読んでいない版が
あと3作あるので、そちらも再読してみるつもりですが。。

今回と前回は読みにくく感じました。
少しでも文学っぽい表現になってくると
突然良くわからなくなくなります。
まあときどき会話もよくわからないんですけど(汗)
あ、この回はなまりをしゃべる人物が出てくるので
特にわかりづらかったのかも。

何度も辞書を引いた単語は少しは覚えられたのでしょうか。
独特の言い回しはちょっとは慣れたと思いたいですけど。

take assent for granted  
同意を当然のこととして

‘From the Nemean Lion to the Capture of Cerberus,’
murmured Poirot. ‘It is complete.’

犬のお話で始まり犬のお話で終わり。
ポアロ氏と一緒に長い旅に出ていたような感じがします。

『ヘラクレスの冒険』に収録されている12の短編、
どのお話もとっても面白かったです!


スタバ キャラメルフラペチーノ
キャラメルフラペチーノ@スタバ

スポンサーサイト
The Apples of Hesperides / Agatha Christie
2014年04月19日 (土) | 編集 |
Hercule Poirot: The Complete Short StoriesHercule Poirot: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


The Labours of Hercules (Poirot)The Labours of Hercules (Poirot)
(2010/10/14)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:8
語数:73995
に収録。

『ヘスペリスたちのリンゴ』 - The Apples of Hesperides
アメリカ人富豪は自分が手にするはずだった盗まれた金の酒杯の捜索をポアロに依頼する。ポアロは世界を股にかける盗賊団を追って旅に出る。
ウィキペディアより引用

アマゾンのカスタマーレビューでのお勧めと
上記のウィキペディアでの紹介からイメージしていた
話とはちょっと違っていて虚をつかれましたが、
詩的なお話でした。
(たぶん^^;)

神話のように?アトラスが出てきます。
Follow Atlas and you can’t go wrong.’
Hercule Poirot regarded him with a strange reverence.
He said, and his voice trembled:
‘Mon Dieu, it is an omen!’

reverence 畏敬の念
Mon Dieu=My God
omen 前兆


スタバ_レモン
レモンフレーバー♪@スタバ

The Flock of Geryon / Agatha Christie
2014年04月11日 (金) | 編集 |
Hercule Poirot: The Complete Short StoriesHercule Poirot: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


The Labours of Hercules (Poirot)The Labours of Hercules (Poirot)
(2010/10/14)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:8
語数:73995
に収録。

『ゲリュオンの牛たち』 - The Flock of Geryon
以前世話をした女性がポワロを訪ねてきた。友達が怪しい宗教にのめりこみ、全財産を教団に送るなどと言い出したらしい。ポアロは彼女に潜入捜査を依頼する。
ウィキペディアより引用

今回のテーマはカルト。

うーん、ほんとにテーマが現代にもそのまま通用する。。。
1Q84ですか?

この短編集The Labours of Herculesの最初の話に登場した
Miss Carnabyが再登場!

ずいぶん危険な依頼だと思うけど、
Miss Carnabyの立ち位置を思うと可能なのかな。
生き生きした女性が活躍するのって、素敵です♪
最後までハラハラさせられて面白かったです~♪

このシリーズThe Labours of Hercules、色々趣向にとんでいて、
最後の事件(短編集では?)、ということもあってか
一作一作が素晴らしいのですが、
ヘイスティングス(ミス・レモンも?)が出てこないのが、
ちょっと寂しいです。
ジャック警部は出てきて盛り上げてくれるのですが。

‘My remarks are, as always, apt, sound, and to the point.’

スタバ_桜
桜@スタバ

The Girdle of Hyppolita / Agatha Christie
2014年04月05日 (土) | 編集 |
Hercule Poirot: The Complete Short StoriesHercule Poirot: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


The Labours of Hercules (Poirot)The Labours of Hercules (Poirot)
(2010/10/14)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:8
語数:73995
に収録。

『ヒッポリュテの帯』 - The Girdle of Hyppolita
暴動と共に消えたルーベンスの真作。その行方を追ってフランスへと旅立とうとしたポアロの元に奇妙な少女蒸発事件の情報がもたらされる。
ウィキペディアより引用

なるほど~。

今回は列車ミステリー。
基本的な都市生活はこの100年位ほとんど変わってないような。

ポンペイの遺跡とか見ると2000年位あんまり変わってない気もしてしまいますが、
一部特権階級の生活が一般市民の生活になるまで2000年ってことですかね。

It was at the time when the unemployed were pursuing their tactics of lying down on street crossings and penetrating into the Rits.
昔からこんなデモが行われていたの?
イギリスって結構デモが多い印象。。。

ヘーラクレースの12の功業としては「アマゾーンの女王の腰帯」
になぞらえているわけですが、
最後にアマゾネスに取り囲まれます(笑)
‘Mon Dieu!’ he murmured. ‘Here indeed is the attack by the Amazones!’
Mon Dieu = My God


ところで、今日からBSプレミアムにて「SHERLOCK」の
第1シリーズ、第2シリーズが再放送なんですね!
わーい見ないと!(≧▽≦)/
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/sherlock2/

アニメフェア2

The Horses of Diomedes / Agatha Christie
2014年03月26日 (水) | 編集 |
Hercule Poirot: The Complete Short StoriesHercule Poirot: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


The Labours of Hercules (Poirot)The Labours of Hercules (Poirot)
(2010/10/14)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:8
語数:73995
に収録。

『ディオメーデスの馬』 - The Horses of Diomedes
電話により呼び出されたポアロは麻薬騒ぎの後始末を頼まれる。ポアロはコカインの出所を探るため、3人の娘に会う。
ウィキペディアより引用

1940年に発表されたということだけど、
テーマが全然古くない!
今のTVドラマでもそのままありそう。
(日本ではありがたいことにないかも)

ポアロが、
The whole mise en scene, you know, was what you would call “very bogus”.
と一刀両断するのが痛快!

mise en scene = setting on the stage ミザンセーヌ 演出
ウィキペディア

‘Are you acquainted with the classics, Madame?’
古典に精通してますか?
give me a wide berth
~を避ける、敬遠する
gout 痛風


アニメフェア
若い女の子ってかわいい♪
2次元だけど^^

The Cretan Bull / Agatha Christie
2014年03月14日 (金) | 編集 |
Hercule Poirot: The Complete Short StoriesHercule Poirot: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


The Labours of Hercules (Poirot)The Labours of Hercules (Poirot)
(2010/10/14)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:8
語数:73995
に収録。

『クレタ島の雄牛』 - The Cretan Bull
依頼人の女性によれば、恋人が自分自身を狂人であると思い込み婚約を破棄したと言う。相談を受けたポアロは恋人の家を訪れる。
ウィキペディアより引用

なるほどー。

以前読んだフェルディナント・フォン・シーラッハの小説『犯罪』
(感想はこちら
に類似の話があったような。。。

『犯罪』の方がやるせなかった印象がありますが、
こちらも、「殺人を防ぐことより犯人を捕まえることのほうが易しい」という
ポアロの台詞にあるように
‘It is much easier to catch a murderer than it is to prevent a murder.’
起こるかもしれない事件に対峙する話なので、
緊張感が続きます。

His grandfather was mental
日本語でも最近「彼はメンタルだから」っていうような。。。
一緒だ。。。

shrewd 洞察力のある、鋭い
よく出てくるんですけど覚えられない。。。
何度辞書を引いたことか。。。

Why are you making me afraid?
‘Perhaps,’ said Poirot,
‘because I am afraid myself.’
くー、ポアロかっこいい!

Think I’ll go out in the woods and try to get a rabbit.
ってどこかからの引用なのかなあ。

Datura
こんなところにダチュラが。


The Stymphalean Birds / Agatha Christie
2014年03月02日 (日) | 編集 |
Hercule Poirot: The Complete Short StoriesHercule Poirot: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


The Labours of Hercules (Poirot)The Labours of Hercules (Poirot)
(2010/10/14)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:8
語数:73995
に収録。

『ステュムパロスの鳥』 - The Stymphalean Birds
休暇先で次官のハロルドはしっかり者の中年女性と酒癖の悪い夫から逃げてきたという彼女の娘・エルジーと出会う。やがてエルジーの夫が現れて。。。
ウィキペディアより引用

毎回趣向を凝らして違う雰囲気のお話が現れるので、
クリスティ、すごいです。
今回はちょっと避暑地の恋愛もの風。

途中でちょっともしかして?と思いつつ、
騙されましたー。
ポアロが来てくれてよかったね!

at the most せいぜい
(Elsie Clayton could not be more than twenty-five at the most.)

henna-dyed hair 
ヘンナ染めの髪
ってときどき出てくるんですけど、
特別な意味があるのかな?

The Augean Stables / Agatha Christie
2014年03月01日 (土) | 編集 |
Hercule Poirot: The Complete Short StoriesHercule Poirot: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


The Labours of Hercules (Poirot)The Labours of Hercules (Poirot)
(2010/10/14)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:8
語数:73995
に収録。

『アウゲイアス王の大牛舎』 - The Augean Stables
国民のシンボル的存在であった前首相は、実は悪辣な人物であった。しかし、ある雑誌にその事実を嗅ぎ付けられ、娘婿にあたる現首相はポアロに解決を依頼する。
ウィキペディアより引用

今回は政治工作。
ポアロに任せればどんな難問も解決!

いつにもまして、テーマになっている
ヘーラクレースの12の功業のひとつ、The Augean Stablesが
作品中で言及されることが多かった気がします。

一応子供向けのギリシャ神話D'Aulaires Book of Greek Myths
(感想はこちら
を読んだときに出てきたと思うのですが、
今回一話一話確認しつつ読んでいるので
(ってウィキペディアをですが^^:)
少し覚えてきました♪

Poirot looked at her with attention. He saw a tall woman, still handsome, with character and intelligence in her face.
Mrs Ferrier was a popular figure. As the wife of the Prime Minister she naturally came in for a good share of the limelight. As the daughter of her father, her popularity was even greater. Dagmar Ferrier represented the popular ideal of English womanhood.
She was a devoted wife, a fond mother, she shared her husband’s love of country life. She interested herself in just those aspects of public life which were generally felt to be proper spheres of womanly activity.
ポワロはしげしげと彼女をながめた。背がすらりと高く、若くはないが、きりっとした容姿を保ち、顔には知性と気品とがあふれている。フェリア夫人は、人びとの人気の的だった。現首相の妻として、ごく自然に脚光を浴びる立場にあったが、あの父親の娘であることが、彼女の人気をいっそう高めていた。まことにダグマー・フェリアこそは、幅広いイギリス女性の理想の体現であった。
彼女は貞淑な妻であり、愛情ぶかい母親であり、田園生活を愛する点でも、夫に勝るとも劣らなかった。公人としての生活の面では、一般に女性にふさわしいと考えられている分野にかぎって、その活動に参加した。
(日本語訳は『名探偵ポワロの華麗なる生涯』より引用)

in spate 氾濫して
sport スポーツマン的な人、気象の良い人
tarred with the same brush (人と)同類とみなされる

disposition 気質
kindleにインストールされている「プログレッシブ英和中辞典」によると
 character 個人の特定の「性格」を意味する語としてはもっとも一般的
 disposition 改まった語で、特定の型の性格の意
 temperament 個人の性格の感情的な側面をさす
 nature 個人の性格を生まれつきのものとしていう
 personality 個人の性格を他人との人間関係の側面でとらえる場合に用いる


The Erymanthian Boar / Agatha Christie
2014年02月23日 (日) | 編集 |
Hercule Poirot: The Complete Short StoriesHercule Poirot: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


The Labours of Hercules (Poirot)The Labours of Hercules (Poirot)
(2010/10/14)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:8
語数:73995
に収録。

『エルマントスのイノシシ』 - The Erymanthian Boar
ポアロはスイス山中のホテルへと向かうケーブルカーの中で、強引に車掌から手紙を渡される。それは旧友からである悪党の逮捕に協力して欲しいという。ホテルに着くとケーブルカーは大岩で破損し、孤立したホテルの中で、ポアロは泊り客に手紙の悪党がいることを悟る。
ウィキペディアより引用

孤立した雪の中、山中のホテルでの活劇!
珍しくちょっと残酷、スリリングなシーンもあって
派手な話でした。

途中に出てくる、
‘Up above the world so high, Like a tea tray in the sky.’
は、もともとは

Twinkle, twinkle, little star,
How I wonder what you are.
Up above the world so high,
Like a diamond in the sky.

の一節で、
Like a tea tray in the sky.
はAdventures in Wonderlandでのパロディなんですね。

"Twinkle, Twinkle, Little Bat", is a parody of "Twinkle Twinkle Little Star" recited by the Hatter during the mad tea-party, in Lewis Carroll's Alice's Adventures in Wonderland (1865). It reads:

Twinkle, twinkle, little bat!
How I wonder what you're at!
Up above the world you fly,
Like a tea tray in the sky.
Twinkle, twinkle—

ウィキペディアより引用

in the nick of time
間一髪で

The Arcadian Deer / Agatha Christie
2014年02月21日 (金) | 編集 |
Hercule Poirot: The Complete Short StoriesHercule Poirot: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


The Labours of Hercules (Poirot)The Labours of Hercules (Poirot)
(2010/10/14)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:8
語数:73995
に収録。

『アルカディアの鹿』 - The Arcadian Deer
ポアロは立ち往生した雪の宿屋で出会った青年から一目惚れした女性を捜して欲しいと依頼を受ける。ポアロはわずかな手掛かりを元にヨーロッパ中を巡る。
ウィキペディアより引用

ヘラクレスの12の功績に例えているからか、
この一連の探求は慈善事業なのかしら?^^
ヨーロッパのあちこちに行ってますが、経費は
請求しないと思うな。

12件解決して引退、ってポアロ自身が言っているので、
一つ解決するごとに寂しさが。。

って長編は英語ではまだ全然読んでないんですけどね。
えっと長編はぁ、
33編!
結構ありますね^^

無印良品
@Café&Meal MUJI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。