英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
【絵本】Arthur's Honey Bear / Lillian Hoban
2017年05月23日 (火) | 編集 |
Arthur's Honey Bear (I Can Read)Arthur's Honey Bear (I Can Read)
(2008/04/25)
Lillian Hoban

商品詳細を見る
YL:1.4
語数:1375

It was spring-cleaning day.
Violet was cleaning out her toy chest.
She made two piles of toys.
One to keep, and one to put away.
Arthur was sticking stamps into his stamp album.


しっかりものの妹バイオレットとちょっと抜けている兄アーサーのお話。^^


“I am going to clean out my toy chest too,” said Arthur.
“And I am going to have a Tag Sale.”
“What is a Tag Sale?” asked Violet.
“A Tag Sale is when you sell your old junk,” said Arthur.


春の大掃除のときにおもちゃを片付けているバイオレットの横で、
tag sale 不要品に値札を付けて売るガレージ・セール をする、というアーサー。
さてさて無事に売れるでしょうか。

price tags 値札をつけるのでタグ・セール、というんですね。

子供のときからこんな経験をしているとお金に対する感覚が身に付きそうです。

【絵本】Arthur's Pen Pal / Lillian Hoban
2017年05月19日 (金) | 編集 |
Arthur's Pen Pal (I Can Read Book 2)Arthur's Pen Pal (I Can Read Book 2)
(1982/04/07)
Lillian Hoban

商品詳細を見る
YL:1.4
語数:1656

It was Sunday night.
Mother and Father had gone out to dinner.
The baby-sitter was watching television.
Violet was doing her homework.

She drew a picture of a cow eating grass.
“Arthur, “ she said, “will you help me with my homework?
Will you help me show how milk is made?”


しっかりものの妹バイオレットとちょっと抜けている兄アーサーのお話。
宿題を手伝って、というバイオレットに今文通相手に
手紙を書いているからだめ、というアーサーですが。。。

大きいお兄ちゃんに勝つのは難しいですよね。
特に腕相撲Indian wrestle では。^^

ベビーシッターの女性ってきっとこんな感じで身近な存在
なのでしょうね。
そしてみんなはだしなんですね。^^



【絵本】Arthur's Prize Reader / Lillian Hoban
2017年05月11日 (木) | 編集 |
Arthur's Prize Reader (I Can Read Book 2)Arthur's Prize Reader (I Can Read Book 2)
(1984/05/01)
Lillian Hoban

商品詳細を見る
YL:1.4
語数:1,506

It was a rainy afternoon.
Violet was looking at
picture books.
Arthur was reading comics.
“I am going to win
the first-grade reading contest,”
said Violet.
“The one who reads the
most books gets to win.”
“You can’t read, remember?”
said Arthur.


しっかりものの妹バイオレットと
ちょっと抜けている兄のアーサー。

このアーサーとバイオレットのシリーズは
この本を一番初めに読んだのですが、
兄のアーサーのあまりのおまぬけぶりに
ちょっと話がよくわかりませんでした(笑)

雑誌に書いてある文字が読めるか、って2人で
読みっこするのですが。^^
そして二人で近所に雑誌を売りに行くのですが。^^

兄弟っていいですね♪


【絵本】Best Friends for Frances / Russell Hoban
2017年05月10日 (水) | 編集 |
Best Friends for FrancesBest Friends for Frances
(1969/08/27)
Russell Hoban

商品詳細を見る
YL:2.3
語数:1693

フランシスのおともだちフランシスのおともだち
(1972/01)
ラッセル・ホーバン

商品詳細を見る


It was a pleasant summer morning,
so Frances took her bat and her ball
and some chocolate sandwich cookies and went outside.
“Will you play ball with me?” Frances’s little sister
Gloria called to her as she was leaving.
“No,” said Frances. “You are too little.”
Gloria sat down on the back steps and cried.
Frances walked over to her friend Albert’s house,
singing a little song:

 Sisters that are much too small
 To throw or catch or bat a ball
 Are really not much good at all,
 Except for crying.


歌が大好きなフランシス。
なんかあるとすぐ思いを歌っちゃいます。

「いっしょに遊んでくれる?」という妹に「だめ、ちっちゃすぎるから」と一言。
泣いている妹をほったらかしにして小さい声で歌を歌って
一人で遊びにいっちゃうフランシス。

あいかわらず天真爛漫です。w
もちろん後で遊んであげることになるんですけどね^^



【絵本】A Bargain for Frances / Russell Hoban
2017年05月09日 (火) | 編集 |
A Bargain for Frances (I Can Read Book 2)A Bargain for Frances (I Can Read Book 2)
(2003/02/18)
Russell Hoban

商品詳細を見る
YL:1.4
語数:1,544

縫いぐるみをいっぱい持って、お友達のうちに遊びに行ったフランシスちゃん。
そこで見たティーセットを買うことになるのですが。。

A plastic pot can pour the tea
For my dolls and friends and me
Just as well as china.
Red is just as good as blue.
Plastic cups are all right too,
Just as good as china.


お母さんにも「注意しなさいね」と言われる
友達のThelmaちゃん。
やり手です(笑)
子ども同士でももののやりとりが絡むとシビアです。
やられたらやり返さなくっちゃ?!


One for plastic, two for china,
Three for yours and four for mine-a,
Five for tea and six for cakes,
Seven for elephants, eight for snakes,
Nine’s a trip to the candy store,
Then comes ten and ten skips more:
Backsies one, backsies two,
Backsies are no fun to do.
Careful once, careful twice,
Being careful isn’t nice.
Being friends is better.


Backsies 待った


【絵本】Arthur's Loose Tooth / Lillian Hoban
2017年05月08日 (月) | 編集 |
Arthur's Loose Tooth (I Can Read Book 2)Arthur's Loose Tooth (I Can Read Book 2)
(1987/09/25)
Lillian Hoban

商品詳細を見る
YL:1.4
語数:1,648

It was Saturday evening.
Mother and Father were at a party.
The baby-sitter was fixing supper.
Violet was playing
with her doctor kit.
She put a bandage on her doll’s head.
“I am going to be a doctor
when I grow up,” she said.
“What are you going to be, Arthur?”


しっかりものの妹バイオレットと
ちょっと抜けている?兄のアーサー。
大きくなったらお医者さんになりたい、という妹と
世界一勇敢なチンパンジー Captain Fearlessになるんだ、という兄。ww
兄弟のやりとりがリアルです♪
勇気って?


“Anybody can do things
they are not afraid of.
But only brave people
do things they are scared to do.”


最後に出てくるおやつのtaffy applesリンゴ飴とs’moresがおいしそう☆

Violet showed Arthur
how to make s’mores.
“First you toast a marshmallow,”
said Violet.
“Next you put some chocolate
on a graham cracker.
Then you put the marshmallow
on the chocolate
and another graham cracker on top.
It tastes so good you want some more!
That’s why they are called s’mores!”


【絵本】The Rain Door / Russell Hoban
2016年10月27日 (木) | 編集 |
The Rain DoorThe Rain Door
(1987/03)
Russell Hoban

商品詳細を見る
YL:2
語数:1500(概算)

“This is the rain door, you know. Once you’re in you won’t get out till rain time,” warns the rag-and –bone man. But Harry is too curious to turn back.
Once through the rain door, Harry finds almost anything can happen. It’s there the rag-and bone man keeps the old iron tank he uses as a cloud catcher. And it’s there Harry builds a fantastic mechanical dinosaur and scares off a menacing lion just long enough for the rag-and bone man to get to work.
In a crashing, roaring climax, Harry and the rag-and bone man --- with the thundering wet lion at their heels --- rumble across the sky in a junk wagon pulled by a horse named Lightning and bring rain to the hot and thirsty world below.
扉の紹介文より

rag‐and‐bone man:《主に英国で用いられる》 くず屋,くず拾い.
の後について、雨の扉をくぐり抜けたHarryの冒険。

最初に雨の扉を発見するところが幻想的で、
雨の扉の向こうの世界もユニークです。

ロアルド・ダールの本のイラストでよく見る
クェンティン・ブレイクQuentin Blakeのイラストも素敵。

nicker :〔馬が〕いななく、〔人が〕クスクス笑う

贅沢マロンラテ
贅沢マロン・ラテ@ドトール
もらったときからこんな感じのビジュアルでしたけど、
美味しかったです。



【絵本】Birthday for Frances / Russell Hoban
2014年09月20日 (土) | 編集 |
Birthday for FrancesBirthday for Frances
(2002/06/27)
Russell Hoban

商品詳細を見る
YL:1.7
語数:1,827

フランシスとたんじょうびフランシスとたんじょうび
(2011/03)
ラッセル ホーバン

商品詳細を見る


It was the day before
Frances’s little sister Gloria’s birthday.
Mother and Gloria were sitting at the kitchen table,
making place cards for the party.
Frances was in the broom closet, singing:
 Happy Thursday to you,
 Happy Thursday to you,
 Happy Thursday, dear Alice,
 Happy Thursday to you.


“Who is Alice?” asked Mother.
“Alice is somebody that nobody can see,”
said Frances. “And that is why
she does not have a birthday. So I am singing
Happy Thursday to her.”


あらいぐま(?)のフランシスちゃん。
明日は妹の誕生日なのに、なんだか不満そうです。
なんとか機嫌を直してプレゼントを買いに行くことにしますが。。。

すごくいい子というわけでも、わがまま、というのでもなく、
自分の感情に素直なフランシスちゃん。
くくくく、と読みながら、にまにましてしまいます。

最初のイラストのフランシスちゃん、かわいいなあ。
そうか、口を開けて歌っている姿が特にかわいいのかも。

【絵本】Bread and Jam for Frances / Russell Hoban
2014年02月26日 (水) | 編集 |
Bread and Jam for Frances (I Can Read Book 2)Bread and Jam for Frances (I Can Read Book 2)
(2008/09/09)
Russell Hoban

商品詳細を見る
YL:1.6
語数:1,751

ジャムつきパンとフランシスジャムつきパンとフランシス
(2011/01/25)
ラッセル・ホーバン、リリアン・ホーバン 他

商品詳細を見る


She sang the song very softly: 
  I do not like the way you slide,
  I do not like your soft inside,
  I do not like you lots of ways,
  And I could do for many days
  Without eggs.


“What did you say, Frances?” asked Father.
“Nothing,” said Frances,
spreading jam on another slice of bread.
“Why do you keep eating bread and jam,” asked Father,
“when you have a lovely soft-boiled egg?”
“One of the reasons I like bread and jam,” said Frances,
“is that it does not slide off your spoon in a funny way.”

ジャムのせパンが大好きなフランシスちゃん。
食卓になにがあってもジャムつきパンばかり食べていたのですが。。。

お母さん天然?なかなかやりますねー。
フランシスちゃんたちのお弁当もおいしそうですが、
日本のお母さんたちが作っているお弁当は世界最強だと思います!
みなさんえらい!



【絵本】Bedtime for Frances / Russell Hoban
2014年02月25日 (火) | 編集 |
Bedtime for Frances (Trophy Picture Books)Bedtime for Frances (Trophy Picture Books)
(1995/09/29)
Russell Hoban

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:1350

おやすみなさいフランシス (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)おやすみなさいフランシス (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1966/07/01)
ラッセル・ホーバン

商品詳細を見る


うふ、かわいい。
私が読んだのは緑と黒の二色刷りの本だったのですが、
そちらも雰囲気があります。

何度もおやみなさい、を言ってベッドに入ったフランシスちゃん。
でも眠れません。
歌を歌ったり、何度もお父さんとお母さんに報告に行ったり。
眠れないのはつらいですよね~(笑)

The big hand of the clock is at 12.
The little hand is at 7.
It is seven o’clock.
It is bedtime for Frances.
Mother said, “It is time for bed.”
Father said, “It is time for bed.”
Frances said, “I want a glass of milk.”
“All right,” said Father.
“All right,” said Mother.
“You may have a glass of milk”
Frances drank the milk.

spank  : 引っぱたく, 尻をたたく