英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
アガサ・クリスティ長編一覧
2016年12月10日 (土) | 編集 |
◆アガサ・クリスティ長編一覧

Murder in Mesopotamia (Poirot) メソポタミヤの殺人
The Mysterious Affair at Styles スタイルズ荘の怪事件
Mystery of the Blue Train (Poirot) 青列車の秘密


NHKで放送している「そして誰もいなくなった」。
いよいよ明日が最終回!

The Case of the City Clerk / Agatha Christie
2016年12月03日 (土) | 編集 |
The Case of the City Clerk: A Parker Pyne StoryThe Case of the City Clerk: A Parker Pyne Story
(2013/10/22)
Agatha Christie

商品詳細を見る

『パーカー・パイン登場』
サラリーマンの事件 - The Case of the City Clerk
YL:7
語数:3900(概算)

Detectives and Young Adventurers: The Complete Short StoriesDetectives and Young Adventurers: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る
に収録。

平穏に事務員として暮らす48歳の依頼人。
ある日妻と子供たちが留守中にふとむなしくなり
パイン氏を訪ねます。

‘You are unhappy?’
‘I shouldn’t like to say that either. I’ve a great deal to be thankful for.’
‘We all have,’ said Mr Parker Pyne. ‘But when we have to remind ourselves of the fact it is a bad sign.’


なけなしの5ポンド(1ポンド=約2.4万円として12万円)
を払い、刺激に満ちた経験を得ることになりますが。。

なかなか危険に満ちた経験なのでは?!
そして別人のように活躍!

私の固定観念が強すぎるのか想像を超えているのか
よくわからない部分も多かったのですが、
始まり方と中身のギャップに読まされました。^^

深川ギャザリア
@深川ギャザリア

【洋書】Mystery of the Blue Train (Poirot) 青列車の秘密 / Agatha Christie
2016年10月16日 (日) | 編集 |
The Mystery of the Blue Train (Poirot)The Mystery of the Blue Train (Poirot)
Agatha Christie

HarperCollins Publishers Ltd 2001-11-05
売り上げランキング : 18586

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
YL:6.5
語数:70,052

青列車の秘密 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)青列車の秘密 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
アガサ・クリスティー 青木 久恵

早川書房 2004-07-15
売り上げランキング : 32308

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブルー・トレインの中で起こった
盗難事件&殺人事件をポアロが解決する!

アマゾンのカスタマーレビューで
「クリスティが書いたものの中で、私が一番好きな本です。」と
書かれていたこともあって、
読んでみました。

謎解きミステリー、恋愛、寝台列車、
フランスの避暑地で過ごす貴族の生活、
などなどが楽しめました。

ウィキペディアの登場人物一覧
分かりやすかったです。

最初は少しもたもたしましたが、
突然遺産を相続した女性主人公が
登場してからは、
より引き込まれて、
無事最後まで読めました。

女性主人公の相続した遺産は、
Five hundred a year or so, I suppose.’
(中略)
‘She was one of the original shareholders in Mortaulds. Forty years ago she must have had an income of eight or ten thousand a year. She has never, I am sure, spent more than four hundred a year.
P51
1ポンド「第一次大戦後は2.4万円」ということだと、
500*2.4=1200万円
400*2.4=960万円
8000*2.4=19200*40=7680000-(960*40)=72.96億円~
10000*2.4=24000*40=960000-(960*40)=92.16億万円
ほどでしょうか?!

うーん、一夜にしてすごいお金持ちに!

in a cléft stíck
進退きわまって, 窮地に陥って.
cleft裂けた,割れた.
P35

At twenty-three she had been a quiet girl with beautiful eyes. At thirty-three she was a quiet woman.
P50
23歳はgirlといえるのですね。

Habits die hard.
P54

‘Then you were really in the thick of it all!’
P102
in the thick of 最中・直中

never twice without three times.
P109
二度あることは三度ある

You must know that anyone who has a perfect alibi is always open to grave suspicion.’
(中略)
Fiction is founded on fact.’
P176

Agatha Raisin: Hell's Bells / M.C. Beaton
2016年10月08日 (土) | 編集 |
Agatha Raisin: Hell's BellsAgatha Raisin: Hell's Bells
M.C. Beaton

C & R Crime 2013-02-14
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
YL:6
語数:3000

最近日本語の読書ブログでアガサ・レーズンのシリーズが
面白かった、と書かれている方がいて、
そういえば、昔何冊かダウンロードしていたっけ、と
思い出して読んでみました。

こちらは短編で、話が始まったかな、と思ったら、
すぐ解決してしまって、びっくり。

Agatha Raisinさんの性格もまだよく
分からないぐらいですが、
あっと言う間に読めちゃう短編を探している人には
ぴったりかも。

キンドル無料ダウンロードの時にどうぞ♪

Crab cream croquette
Crab cream croquette:蟹クリームコロッケ
The Case of the Rich Woman / Agatha Christie
2016年09月24日 (土) | 編集 |
The Case of the Rich Woman: A Parker Pyne StoryThe Case of the Rich Woman: A Parker Pyne Story
(2013/10/22)
Agatha Christie

商品詳細を見る

『パーカー・パイン登場』
大金持ちの婦人の事件 - The Case of the Rich Woman
YL:7
語数:3900(概算)

Parker Pyne Investigates: A Parker Pyne CollectionParker Pyne Investigates: A Parker Pyne Collection
(2012/06/19)
Agatha Christie

商品詳細を見る

Detectives and Young Adventurers: The Complete Short StoriesDetectives and Young Adventurers: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る
に収録。

パーカー氏の悩み相談所に持ち込まれた相談。
‘If you’re any good at all you’ll tell me how to spend my money!’
お金の使い道を教えてほしいのだけど。

‘I’ve got a car and a house in Park Lane. I’ve had a yacht but I don’t like the sea. I’ve got a lot of those high-class servants that look down their nose at you. I’ve travelled a bit and seen foreign parts. And I’m blessed if I can think of anything more to buy or do.’
look down one's nose at ~を見くだす


相談が珍しいものならその解決方法もすごい。
相談されて即座にこの方法を計画し見積もり提案するパーカー氏。
すごいなあ。

ところで、
イギリスの物価と賃金
13世紀以降の物価と庶民の賃金を紹介します。

を参照に、

1920年の
熟練工の収入を130ポンド 500万円とすると、
メイド 20ポンド 100万円とすると、
1ポンド 約4万円~5万円かなぁと
思って読んできましたが、
なんかこのシリーズでの報酬を見ると
1ポンド 1万円位のほうがしっくりくるような。。

貧富の差が激しくて衣食住付きのメイドの年収は20万円
位だったのかも。。。?

でも、ホームズの1880年代で1ポンド=約24000円ということだから
やっぱり1ポンド=約3万円位はしたのかな?

さらにググってみると
「1840~1910年代の期間でだいたい1ポンド6.5~8万円で推移し、第一次大戦後は2.4万円とのことです。」
という記述が。
[FAQ]ヴィクトリア朝の1ポンドって日本円でいくらぐらいですか?から引用

と、ひとまず解決したところで、ここでの報酬
My charges will be one thousand pounds, payable in advance.
1000ポンド=2400万円! 前払い!

デニーズ
モーニング@デニーズ

The Case of the Discontented Husband / An Agatha Christie Short Story
2016年08月27日 (土) | 編集 |
The Case of the Discontented Husband: An Agatha Christie Short StoryThe Case of the Discontented Husband: An Agatha Christie Short Story
(2013/10/10)
Agatha Christie

商品詳細を見る

『パーカー・パイン登場』
不満な夫の事件 - The Case of the Discontented Husband
YL:7
語数:3400(概算)

Detectives and Young Adventurers: The Complete Short StoriesDetectives and Young Adventurers: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る
に収録。

自分がとても愛している奥さんが
他の男性と結婚するために離婚したいと
思っている、
と悩んでいる男性がパイン氏のもとにやってきます。
パイン氏は妖艶な美女と妻の前で
いちゃいちゃするように設定、指示
することにしますが。。。

夫婦関係、男女関係の機微が
わかりやすく展開していって面白かったです。
ぷぷぷ^m^

ラストもちょっとひねってあるのはお約束?

ホテルオークラ神戸
@ホテルオークラ神戸
The Case of the Distressed Lady / An Agatha Christie Short Story
2016年08月21日 (日) | 編集 |
The Case of the Distressed Lady: An Agatha Christie Short StoryThe Case of the Distressed Lady: An Agatha Christie Short Story
(2013/10/10)
Agatha Christie

商品詳細を見る

『パーカー・パイン登場』
困りはてた婦人の事件 - The Case of the Distressed Lady
YL:7
語数:2700(概算)

Detectives and Young Adventurers: The Complete Short StoriesDetectives and Young Adventurers: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る
に収録。

友人から預かった宝石のコピーを作り、本物を盗んでしまったのだが、
気づかれないように返してほしい、と若い女性が頼みにきます。
パイン氏は依頼を引き受けますが。。

なかなか凝った話で読ませます。
なるほどねぇ~。

From that experience I can assure you that in eighty-seven percent of cases dishonesty does not pay.

The Case of the Discontented Soldier / Agatha Christie
2016年08月14日 (日) | 編集 |
Parker Pyne Investigates: A Parker Pyne CollectionParker Pyne Investigates: A Parker Pyne Collection
(2012/06/19)
Agatha Christie

商品詳細を見る

The Case of the Discontented Soldier: An Agatha Christie Short Story
『パーカー・パイン登場』
退屈している軍人の事件 - The Case of the Discontented Soldier
YL:7
語数:4700(概算)

Detectives and Young Adventurers: The Complete Short StoriesDetectives and Young Adventurers: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る
に収録。

東アフリカから帰ってきたが田舎の退屈な生活に
耐えられないという少佐。
パイン氏のもとを訪ねた後、思いがけない事件に
巻き込まれます。

ラストちょっとした謎が解けて、さらに驚きがww

‘Major? Colonel?’ said Mr Pyne.
No. 8307
少佐?大佐?

Once you know the cause of a malady, the remedy should not be impossible.
No. 8307
病気の原因がわかれば、治療は不可能ではない。

‘My fee,’ said Mr Pyne, ‘is fifty pounds, payable in advance.
No.8331


50ポンドって大体今の値段にしていくらぐらい?
と、ググってみると、、、

イギリスの物価と賃金
13世紀以降の物価と庶民の賃金を紹介します。

を参照に、

1920年の
熟練工の収入を130ポンド 500万円とすると、
1ポンド 約4万円*50ポンド=150万円

メイド 20ポンド 100万円とすると、
1ポンド 5万円*50ポンド=250万円

大体150万円~250万円かあ。
たかっ!

仕掛けを考えると妥当な額ではあるし、
満足出来なかったらお返しします、と言われるものの。
なかなか大胆な商売です。

追記:その後さらに検索して
1ポンドはだいたい「第一次大戦後は2.4万円
との記述を発見したので、
50ポンド*2.4万円で120万円位。
詳細は別記事で。

The Mysterious Affair at Styles スタイルズ荘の怪事件 / Agatha Christie
2016年07月31日 (日) | 編集 |
The Mysterious Affair at Styles (Poirot)The Mysterious Affair at Styles (Poirot)
(2010/10/14)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:6
語数:56141

Project Gutenberg

スタイルズ荘の怪事件 (クリスティー文庫)スタイルズ荘の怪事件 (クリスティー文庫)
(2012/08/01)
アガサ・クリスティー、矢沢 聖子 他

商品詳細を見る


アガサ・クリスティの最初の長編推理小説、かつ、
エルキュール・ポアロシリーズの長編第1作かつ初登場作品。

『スタイルズ荘の怪事件』面白かったです。

ジュビナイルとか本格推理のお手本とか色々言われていますが、
クリスティ、上手い。
ヘイスティングズとのやり取り、というかヘイスティングズが
楽しい^^
ヘイスティングズの迷走ぶりはそのまま読者の迷走なのに、
自分のことを棚にあげて笑えるし^^
ポアロはいけずではじけてるし^^
“You see,” he said sadly, “you have no instincts.”
って、ひどい^^

謎が謎をよび、話が二転三転して、ストーリーも飽きさせません。

英語はたしかに古めかしいと思われる単語が使われているようですが、
(1920年発表)構文は比較的簡単に思えます。
単語は何度も同じ単語が使われるので、キンドルでひいているうちに
慣れてくるかも。

登場人物はそれほど多くはありませんが、最初は人物一覧が
必要で、日本語のウィキペディアのものを参考にしました。

これでやっとあちこちのブログの解説が読める♪

古典本格ミステリー好きの方(はすでに読まれているかもしれませんが)
にお勧めです^^

Imagination is a good servant, and a bad master.
The simplest explanation is always the most likely.

There is no murder without a motive.

She is on the side of Justice!

“Instinct is a marvelous thing,” mused Poirot.
“It can neither be explained nor ignored.”


The Harlequin Tea Set / Agatha Christie
2016年07月23日 (土) | 編集 |
Detectives and Young Adventurers: The Complete Short StoriesDetectives and Young Adventurers: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


The Harlequin Tea Set: An Agatha Christie Short StoryThe Harlequin Tea Set: An Agatha Christie Short Story
(2011/09/01)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:7
語数:8100(概算)

『クィン氏のティー・セット』

友人の家に車で向かう途中、またしても車の故障で修理を待たなければならなくなった
サタースウェイト氏。「ハーリクィン・カフェ」という店を見かけ、ついにクィン氏と
再会を果たす。

文庫解説図書館【名作紹介】 で、
「希望と癒しに満ち、シリーズを締めくくるに相応しい未来を予感させる救済の物語です。」
と書かれているように、素晴らしい話でした!

前書きに
It was the last of Agatha Christie’s short stories to be published, 48 years after ‘The Affair at the Victory Ball’ first appeared in The Sketch in 1923.
と書かれているように、クリスティ最後の短編!

出版されていた短編集の最後の作品Harlequin’s Lane が1927年
The Harlequin Tea Setが1971年
ということなので、44年後!

‘It’s a long time since I’ve seen you,’ said Mr Satterthwaite.
「なんてひさしぶりなんでしょう」

He had always expected to see Mr Quin again, once a year at least. Possibly twice a year. But no. That had not happened.
少なくとも一年に一回、出来たら二回は会いたいのに。

‘I am so pleased to see you again,’ said Mr Satterthwaite.
ギャツビーの再会シーンを思い出します。^^


以前連載されていた、
【読書日記】アガサ・クリスティー攻略作戦【隔週更新】 では、
「たとえば本書収録の「クイン氏のティーセット」はクリスティーの絶筆であると、わたしは川出正樹氏に教えられた。そうと知って読めば、同作の味わいは深まる。老境にあったクリスティーがこういう作品を書いた、というのは、感慨深いものであるからだ。」
と書かれていました。
そうですよね。
特にこの作品は老年に至っての寂しさがとてもよく伝わってきますし。

こちらのサイトはその後本としてまとまっています。
アガサ・クリスティー完全攻略
アガサ・クリスティー完全攻略霜月 蒼

講談社 2014-05-14
売り上げランキング : 302862


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちなみに以前、上記サイトでは『謎のクィン氏』は
クリスティー作品10傑の6位!に選ばれていました。

‘Mr Quin,’ said Mr Satterthwaite. ‘I knew somehow it was going to be you.’
Mr Quin smiled.
‘You always know so many things,’ he said.
やっぱり褒めて育てよ、ですね。^^

I have just been an old bachelor.’
‘You have been more than that,’ said Mr Quin. ‘You have been a man who made friends, who had many friends and who has served his friends well.’
‘Well, if I can think that. Perhaps you are being too kind.’
‘Not at all. You are very good company besides. The stories you can tell, the things you’ve seen, the places you have visited. The curious things that have happened in your life.
このシリーズが好きなのはサタースウェイト氏が好きだからなあ、と
思います。
感情移入しやすいなあ。
まあポアロに褒められまくるヘイスティングズみたいなもんですからね。

Here he was, thought Mr Satterthwaite, here he was back in his boyhood.
子供時代に帰れる場所、っていいですね。

Harley Barley, stands on guard,
Harley Barley takes things hard.
Guards the ricks
and guards the hay,
Keeps the trespassers away.

Harley Quin シリーズもこれでおしまい。
どの作品も、そして二人の関係がというかサタースウェイト氏が
少しづつ成長していくシリーズ全体が、とっても面白かったです♪

ベスト3を選ぶとすれば、
海から来た男、クィン氏のティーセット、クィン氏登場
でしょうか♪

クィン氏、サタースウェイト氏、楽しい時間をありがとう!!