英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
【絵本】Knock Knock Who's There? / Sally Grindley・Anthony Browne
2017年05月01日 (月) | 編集 |
Knock Knock Who's There?Knock Knock Who's There?
(2010/08/05)
Sally Grindley

商品詳細を見る
knock knock who's there
YL:1
語数:240(概算)

KNOCK KNOCK Who’s there?
I’m a great big GORILLA
With fat furry arms
And huge white teeth.
When you let me in,
I’m going to hug your breath away!
Then I WON’T let you in!


眠ろうとベットにいると
次々をドアをノックして
色々なものが訪ねてきます。
ゴリラに魔女に・・・

怖いものばかり!
でも最後にはもちろん。。^^


【絵本】Changes ・ KIRSTY KNOWS BEST / Anthony Browne
2017年03月28日 (火) | 編集 |
ChangesChanges
(2008/06/02)
Anthony Browne

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:160

On Thursday morning
At a quarter past ten
Joseph Kaye
Noticed something strange
About the kettle.


見慣れた風景が少しずつ変化していく世界。。。
少年の不安な気持ちが反映されているのでしょうか。
文字だけ読んでいるとはっきり書かれてませんが、
変化していく世界を描いたイラストが怖いです!
不安感をとてもわかりやすく表していると思いますが、
ここまで感受性が強いと生きていくのは大変そう。。。
周りの大人が子どもの気持ちを理解するのには
いいかも。。


KIRSTY KNOWS BESTKIRSTY KNOWS BEST
(1988/05/12)
Annalena McAfee

商品詳細を見る
YL:2
語数:600(概算)

こちらも空想家の女の子Kirstyの話。
Changesの男の子の不安な気持ちが現実に投影されるのではなく、
厳しい現実を空想の世界で楽しいものに変えていきます。

でも、
“You spend so much time daydreaming, you look like a sleepwalker. Wakey, WAKEY!”
とクラスのいじめっ子に目をつけられたり、大変ですが。。。


【絵本】The Tunnel / Anthony Browne
2017年03月24日 (金) | 編集 |
The TunnelThe Tunnel
(2008/06/02)
Anthony Browne

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:490

外で元気に遊ぶのが好きな兄と
家で静かに本を読んでいるのが好きな妹。
全く性格の違うけんかばかりしている二人でしたが、
ある日おかあさんに一緒に仲良くお昼ご飯まで遊んできなさい、と言われて。。。

One morning their mother grew impatient with them.
“Out you go together,” she said, “and try to be nice to each other just for once. And be back in time for lunch.” But the boy didn’t want his little sister with him.


表紙のトンネルに潜っているのが妹。
この先になにがあるのか。興味を惹かれますね。

名前ではなくbrother, sisterとしか書かれていないので、
兄妹、ということが強調されます。
あ、そういえばヘンゼルとグレーテルも兄妹ですね。

【絵本】Willy the Wimp ・ Willy the Champ ・ Willy and Hugh / Anthony Browne
2017年03月23日 (木) | 編集 |
Willy the WimpWilly the Wimp
(2008/07/19)
Anthony Browne

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:220

wimp 弱虫

Willy wouldn’t hurt a fly.
Willy worried about stepping on tiny insects every time he went for a walk. When someone knocked into him, he always said, “Oh, I’m sorry!” Even when it wasn’t his fault.
Sometimes when he was out walking the suburban gorilla gang bullied him.
“Oh, I’m sorry!” said Willy when they hit him.
The suburban gorillas called him Willy the Wimp.


虫を踏まないように歩くときに気を付け、誰かにぶつかったら自分が悪くても謝るウィリー。
ゴリラにいじめられても“Oh, I’m sorry!”
そんな彼につけられたあだ名は弱虫ウィリー。
その名前が嫌で強くなることにします。

そもそもチンパンジーとゴリラで種が違いそうだけど。。
為せば成る!


Willy the ChampWilly the Champ
(2008/10/06)
Anthony Browne

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:133

Willy didn’t seem to be any good at anything.
He liked to read…and listen to music…and walk in the park with his friend, Millie.
Willy wasn’t any good at soccer…
He did try.
Willy tried bike racing …
He really did try.


本を読んで音楽を聴いて散歩をするのが好きなウィリーは、
得意なことがありません。
サッカーも自転車も泳ぐのも。
しかしある日。。。

粛々と耐えること?
知恵があればある日逆転することもある?
この本ではそんなにいじめられてはいないけど。。


Willy and HughWilly and Hugh
(2008/07/03)
Anthony Browne

商品詳細を見る
YL:0.3
語数:210

Willy was lonely.
Everyone seemed to have friends.
Everyone except Willy.
No-one let him join in any games;
they all said he was useless.


友達のいない孤独なウィリー。
ある日道でばったりヒューと出会って。。。

ゴリラの中にひとりチンパンジーだから?
外見で違いがはっきりわかる異色な存在として生きていくって
大変です。

Willy the Wimpの話に伏線あり、
Willy the Champからちょっと続いてます。



【絵本】Through the Magic Mirror /Anthony Browne
2014年04月24日 (木) | 編集 |
Through the Magic MirrorThrough the Magic Mirror
(2010/02/01)
Anthony Browne

商品詳細を見る
Through The Magic Mirror
YL:0.8
語数:244

Toby sat in the big chair. He was fed up. Fed up with books, fed up with toys, fed up with everything.
本もおもちゃもすべてのことに飽き飽きしたトビィ。

He went into the living room. Nothing was happening there.
居間に行っても何もなく、

Going back upstairs, he saw himself in a mirror.
Something looked very strange
What was wrong?
He put out his hand to touch the mirror --- and walked right through it!

2階に戻って鏡を見ると何かおかしいです。
手を伸ばして鏡を触ろうとすると―――
なんと通り抜けてしまいました!

鏡の中はキリコやマグリットの絵画のような不思議な世界!

【絵本】The Night Shimmy /Anthony Browne
2014年04月16日 (水) | 編集 |
The Night ShimmyThe Night Shimmy
(2003/08/07)
Anthony Browne

商品詳細を見る
The Night Shimmy
YL:0.7
語数:500

Eric did not like to talk.
Other children didn’t understand why.
They called him “Dumb Eric”.
They teased him with silly questions:
“What’s the matter? Cat got your tongue?”
Grown-ups asked him if he was shy.
But Eric didn’t answer.
He just didn’t like talking.


秘密の友達Night Shimmyとの世界。

想像力が豊かで美しい枠の中の世界。
言葉を通して世界とつながっていく怖さが
伝わってきます。
そしてその枠があるきっかけで取り払われ、
世界が広がっていくまぶしさ!

表紙から想像されるよりずっと美しいイラストで
綴られています。

新宿御苑 桜
@新宿御苑

【絵本】Silly Billy / Anthony Browne
2014年04月10日 (木) | 編集 |
Silly BillySilly Billy
(2007/11/05)
Anthony Browne

商品詳細を見る
YL:1.0
語数:339

Billy used to be a bit of a worrier.
He worried about many things…
Billy worried about hats,
and he worried about shoes.
Billy worried about clouds,
and rain.
Billy even worried about giant birds.


色々なことが心配なビリー。
帽子に靴に雲に巨大な鳥に。。。
お父さん、お母さんに慰めてもらいますが、
ある日お祖母さんのうちで泊まらなくてはならなくなり。。。

グアテマラから伝わる、枕の下に置いて寝ると
心配ごとを持って行ってくれるというWorry doll
ウィキペディア

カラフルでかわいいです♪
Worry doll

Worry dolls come from the Central American country of Guatemala.
They are made from tiny pieces of wood and scraps of cloth and thread.
Long ago, the children of Guatemala made these dolls, and when they went to bed at night, they would tell a worry to each one before placing them under their pillows and going to sleep. In this way, they would wake up in the morning feeling much less troubled.
To this day, children in Guatemala trust their dolls to take away their worries as they sleep, and this custom has now spread around the world.


新宿御苑 桜
@新宿御苑

【絵本】Piggybook ・ Zoo / Anthony Browne
2014年04月08日 (火) | 編集 |
PiggybookPiggybook
(2008/06/02)
Anthony Browne

商品詳細を見る
YL:0.8
語数:385

ぎょえー、わかりやすい話!

お母さんに家事全般をおしつけてのうのうと暮らしていた
Mr Piggottと二人の息子。

“Hurry up with the breakfast, Mum,” Simon and Patrick called before they went off to their very important school.
After they left the house, Mrs Piggott washed all the breakfast things…made all the beds…vacuumed all the carpets…and then she went to work.

“Hurry up with the meal, old girl,” Mr Piggott called every evening when he came home from his very important job.
As soon as they had eaten, Mrs Piggott washed the dishes…washed the clothes…did the ironing…and then she cooked some more.


前半はとってもイライラします^^

ある日、痛烈な一言が書かれた置き手紙を残してお母さんが家を空けると。。。

こんな風に無事解決したら理想ですね!

Zoo (Red Fox Picture Books)Zoo (Red Fox Picture Books)
(1999/04/21)
Anthony Browne

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:767

家族4人で動物園に行くお話。

Last Sunday we all went to the zoo.
Me and my brother were really excited.


うーん、ここまでリアルな絵本を子どもが読む必要があるのだろうか?^^;
こんな夫やだー。奥さんが大変ー。えらいなあ。
子どもに読んであげるおかあさんのための本?

新宿御苑 桜
@新宿御苑

【絵本】A Walk in the Park ・ Bear Goes to Town / Anthony Browne
2014年04月04日 (金) | 編集 |
A Walk in the ParkA Walk in the Park
(2013/08/01)
Anthony Browne

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:320

One morning Mr. Smith and his little girl,
Smudge, took their dog, Albert, for a walk.
Smudge, Mr. Smith, and Albert
went into the park.
Mrs. Smythe, Charles, and Victoria
arrived soon afterwards.
Albert was impatient to be let off his lead.
Victoria waited quietly until Mrs. Smythe had
detached the lead from her collar.
Both dogs were free. They chased each other all over the park.


二組の親子連れがそれぞれ犬を連れて公園にやってきます。
リードを外してもらった犬たちはすぐにお互いを追いかけて
遊び始めます。

ドッグパーク?
それにしてもイラストがシュールで不思議な世界!
ベンチが靴を履いていたり木の幹に表情があったり。
細かいとこまで凝っています。

大人は仲良くできないのかなあ。

Bear Goes to TownBear Goes to Town
(1999/06)
Anthony Browne

商品詳細を見る
YL:2
語数:320

“What is that?” asked Cat, looking at Bear’s pencil.
“It’s my magic pencil,” said Bear.
“Then draw me something to eat,” said Cat.


何でも描いたものが本物になる魔法の鉛筆を持つクマ君のお話。
クマ君がこの魔法の鉛筆で書く絵もものすごく上手です^^

この設定どこかで見たことあるー。
ドラえもんかなあ?

桜
@千鳥ヶ淵

【絵本】Hansel and Gretel / Anthony Browne
2014年04月03日 (木) | 編集 |
Hansel and GretelHansel and Gretel
(2008/10/06)
Anthony Browne

商品詳細を見る

Hansel and Gretel
YL:2.5
語数:2000(概算)

現代版ヘンゼルとグレーテル。

お話はグリムのものですが、
イラストは現代バージョンで。

窓から顔を覗かせる義母と森の中の魔女が
とっても怖いです!

でも義母の言うことをきいてしまう父親も
結構ひどくないですか?!
最初はヘンゼルが活躍?しますが、
最後はグレーテルのおかげで助かるのが
面白いですね。

それにしても森の中のお菓子の家って。。
ずっと昔から想像力をかきたてられてきた魅力的なイメージ。

At the edge of a large forest lived a poor woodcutter with his two children and their stepmother. The boy’s name was Hansel, and the girl’s name was Gretel.
The family was always very poor, and when a terrible famine came to the land, they could find nothing to eat.


桜
@千鳥ヶ淵