英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵本】Mole's Moon ・ Hiawyn Oram ・ Susan Varley
2016年12月09日 (金) | 編集 |
Mole's Moon (Picture Puffins)Mole's Moon (Picture Puffins)
(1998/06/01)
Hiawyn Oram

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:700

Little Mole was the littlest and he saw
what no one else saw.
When his bothers and sisters played in the dark tunnels
round their house, they just saw dark tunnels.
When Littlest looked into the dark, he saw Glinting Things
and Jaggedy Things and Things That Moved About Mysteriously.

In the dark woods, he saw Long Gnarled Arms and Long Fingers
bending and waving and dancing.
In the dark stream while his mother’s back was turned,
he was the Moon.
And when he tried to pick it up, he saw it break
into a thousand pieces.

glint :キラッと光る
jagged :ギザギザの
gnarled :〔木・枝などが〕節くれだった
weasel:イタチ.
stoat:オコジョ
snout:突き出た鼻
whisker:ひげ.
quiver:震える、震えさせる
pounce:急に飛びかかる

他の兄弟たちとは違って注意深く色々なことに気づくもぐらくんのお話。
ある日小川に映る月を見つけたことから騒動が起こります。

たとえそれが優れていたとしても、他とは違うって、
特に子供の時は、色々苦労しますよね。

ところで、イタチweaselとオコジョstoatってイラストでも
色違いなだけでそっくり。
google画像検索でもそっくり!違いがわからない!
思っていたより小柄なんですね♪


スパゲッティ

スポンサーサイト
【絵本】Badger's Bad Mood / Hiawyn Orma ・ Susan Varley
2016年12月08日 (木) | 編集 |
Badger's Bad Mood (Picture Lions)Badger's Bad Mood (Picture Lions)
(1999/03/01)
Hiawyn Oram、Hiawyn Orma 他

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:939

Badger's parting giftsで有名なBadgerさんのお話(たぶん)。

Bat had been to deliver Badger’s post and now he brought news:
Badger was in bad mood.
“But Badger’s never in a bad mood,” said Fieldmouse.
“He is now,” said Bat.
“He just sits there, staring. Speak to him ---
he almost snaps your head off.”
“I’ll go and see him,” said Mole.
“I’ll go with you,” said Squirrel.
So Mole, Squirrel and Rabbit went to see Badger.

snap:ポキッと折る、鋭く[いきなり]言う
fuss:やきもきする
scurry:ちょこちょこ走る
tut:舌打ちする

決して不機嫌になることなどなかったBadgerさんの
機嫌がよくありません。
I’m all out of it, you know. All out of it.
心配したもぐら君が素晴らしいアイディアを思いつきます。

村の中でふさぎ込んでしまった人がいたらこれはとても有効な
方法だなあ、と思います。
魔女ランダ考の中にこういう話出てきませんでしたっけ?
やり方はかなり違いますが。

現代社会では難しいので、まずはピアカウンセリングでしょうか。


デニーズ
モーニング@デニーズ


【絵本】The Monster Bed / Jeanne Willis ・ Susan Varley
2013年08月08日 (木) | 編集 |
The Monster BedThe Monster Bed
(2004/11/23)
Jeanne Willis

商品詳細を見る
YL:1.6
語数:376

人間の子供が怖いモンスターの子供のお話。

ちょっと設定が「モンスターズ・インク」みたい?
モンスターの子供が持っているモンスターのぬいぐるみが
「かいじゅうたちのいるところ」のかいじゅうみたい^^

Never go down to the Withering Wood,
The goblins and ghoulies are up to no good.
The gnomes are all nasty, the trolls are all hairy
And even the pixies and fairies are scary.

Oh, never go down there, unless you are brave,
In case you discover the Cobbeldy Cave.
For inside that cave which is gloomy and glum
Live Dennis the monster and Dennis’s mum.

ghoul:グール
up to no good:よからぬことをたくらんで
pixy :小鬼
gloomy :薄暗い
glum :陰気な

【絵本】The Long Blue Blazer / Jeanne Willis ・ Susan Varley
2013年07月29日 (月) | 編集 |
The Long Blue BlazerThe Long Blue Blazer
(1998/07/01)
Jeanne Willis、Susan Varley 他

商品詳細を見る
YL:1
語数:455

When I was a five, there was a boy in my class
who wore a long, blue blazer.
He had short arms and short legs and big feet
that stuck out from under his long, blue blazer.


本に挟まれていた解説から引用。

scarf:
英語のscarfは首にまくものなら何でも。
マフラーという言葉はありますが、ほとんど聞きません。

invite him for tea:
このteaはイギリス英語では晩ごはんのこと。(中略)
ビスケットやサンドイッチと、紅茶かコーヒーの出る
午後のお茶はafternoon tea。
アメリカでは晩ごはんはsupperかdinnerです。

stuck out from under his long, blue blazer:
stick out=「突き出す、そびえる」という意味。
ですから「彼の長いブルーのブレザーの下から
ニョッキリ突き出していました」。
ちなみにブレザーはコート類(ブレザーコート)で屋内では
脱ぐものとされています。

fetch:
「来て、連れて(持って)帰る」または
「行って、連れて(持って)帰る」の意味。
ここでは、お母さんたちが子供を迎えに来た、ということ。
pick upということもあります。

【絵本】Badger's Parting Gifts / Susan Varley
2013年03月05日 (火) | 編集 |
Badger's Parting GiftsBadger's Parting Gifts
(1992/07/16)
Susan Varley

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:910

邦訳版
わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)
(1986/10)
スーザン・バーレイ

商品詳細を見る


悲しみとどうやって折り合いをつけていくか。
時の力も大きいですよね。
凍りついた心が溶けるのは、仲間との語らいをおいて他はないのかも
しれません。
As spring drew near, the animals often visited each other
and talked about the days when Badger was alive.

This book is about the death and life of someone very special.
Badger was a friend, and almost everyone who knew him had warm
and loving memories of when he was living with them.
At first, those who loved Badger felt overwhelmed by their loss.
In time though, whenever Badger’s name was mentioned, someone
would recall something about him that made them all smile.
And Badger was part of their lives once more.
扉の紹介文より

Much to Badger’s surprise, he was running. Ahead of him was
a very long tunnel.
His legs felt strong and sure as he ran towards it.
He no longer needed his walking stick, so he left it lying
on the floor of the tunnel.
Badger moved swiftly, running faster and faster through the
long passageway, until his paws no longer touched the earth.
He felt himself turning end over end, tumbling and falling,
but nothing hurt.
He felt free.
It was as if he had fallen out of his body.
p6

↓こちらで読み聞かせが
Badger’s Parting Gift
(2分位から8分位まで)

↓こちらで単語の解説などが紹介されていました。
Badger's Parting Gifts ( わすれられないおくりもの )

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。