英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
【児童書】Encyclopedia Brown and the Case of the Carnival Crime
2017年01月09日 (月) | 編集 |
Encyclopedia Brown and the Case of the Carnival CrimeEncyclopedia Brown and the Case of the Carnival Crime
(2011/10/13)
DonaldJ. Sobol

商品詳細を見る
YL:4.5 Lexile指数600L-695L
語数:8590

少年探偵Encyclopedia Brown 27巻。

未読本としては最後の一冊(たぶん)。
1話が短いので、ちょっとした時間に読むのに最適です。
全巻キンドル版になったのかな?
でも一冊一冊が高いですね><

謎はだんだん難しくなっているような気がします。

このシリーズを読み続けて、
アメリカの小学生生活というと、
この本でのあれこれが
思い浮かぶようになりました。

ShangriLaHotel


ShangriLaHotel

ShangriLaHotel

ShangriLaHotel

ShangriLaHotel

ShangriLaHotel

ShangriLaHotel

ShangriLaHotel

ShangriLaHotel
@シャングリ・ラ ホテル 東京

【児童書】Encyclopedia Brown and the Case of the Jumping Frogs
2016年09月29日 (木) | 編集 |
Encyclopedia Brown and the Case of the Jumping FrogsEncyclopedia Brown and the Case of the Jumping Frogs
(2011/04/20)
Donald J. Sobol

商品詳細を見る
YL:4.5 Lexile指数600L-695L
語数:9,293

ついつい読んでしまうEncyclopedia Brownシリーズ。
会話の中で、掛け言葉によるダジャレ?が結構多用されているような気がします。
一話が短いので無駄なく考えられているのかも。

この本は問題編の最後に
(Turn to this page for the solution to The Case of the Rhyming Robber.)
というように解答編へのリンクがついていたので、便利でした。
(前回読んだ本はページ数を入れて移動していた)

イラストがあんまり好みじゃなかったけど^^;

収録されているのは

The Case of the Rhyming Robber
The Case of the Miracle Pill
The Case of the Black Horse
The Case of Nemo’s Tuba
The Case of the Ring in the Reef
The Case of the Lawn Mower Races
The Case of the Jumping Frogs
The Case of the Toy Locomotive
The Case of the Air Guitar
The Case of the Backwards Runner


あいかわらず、超簡単なもの、英語がよくわからず解けなかったもの、
気付かなかったもの、などなどバラエティにとんでいますが、今回出てきた
英語の暗号クイズは解けませんでした!
全体的に謎が難しかった気がしまーす。


【児童書】Encyclopedia Brown and the Case of the Secret UFO :Book 25
2016年09月12日 (月) | 編集 |
Encyclopedia Brown and the Case of the Secret UFOsEncyclopedia Brown and the Case of the Secret UFOs
(2011/10/13)
Donald J. Sobol

商品詳細を見る
YL:4.5
語数:9799語

少年探偵シリーズ、
ウィキペディアによると第27(26)巻。

今回はいくつか答えがわかりませんでした。
残念。

ところで、
2013年で50周年、ということで、
作者の方は一緒なのかしら?と確認してみたら、
作者のDonald J. Sobolさんは、2012年に亡くなられていたのですね。
ご冥福をお祈りします。

'Encyclopedia Brown' author Donald J. Sobol dies at 87

staple 必需品
stapleって主食って覚えていました
(米を主食とする
 eat rice as one's staple)

perseverance 粘り強さ、根気

デニーズ
フレッシュ桃のミニパルフェ@デニーズ

【児童書】Encyclopedia Brown Gets His Man: Book 4
2014年03月12日 (水) | 編集 |
Encyclopedia Brown Gets His Man: Encyclopedia Brown Series, Book 4Encyclopedia Brown Gets His Man: Encyclopedia Brown Series, Book 4
(2007/09/06)
DonaldJ. Sobol

商品詳細を見る
YL:4.5 Lexile指数500L-595L
語数:9060
Kindle 価格: ¥ 427
(1年ほど前に比べて50円ほど上がっている・・)

天才小学生探偵が謎を解くシリーズ。
第4巻。

2ケース、謎が解けなかった。残念っ。

キンドルの1冊目分冊シリーズとは違い、
こちらは本を同じように謎の答えが最後のページに
まとまっていて、ちょっとだけ読みにくいかもしれません。

小学生の口語表現、句動詞も難しいですねー。
依頼人がなんかわけがわからないことを言ってきて、
Encyclopediaも「ん?」ってなるところも。^^

このシリーズの面白さって、
・1話が10分位で読める短さ
・謎解きになっている
・ほとんどの謎は超簡単だけど、精読しないと解けないものあり
・変な依頼人とのやりとりがちょっとややこしい
・小学生の休みの日のあれこれ(変な大会が多い!)が興味深い
って感じでしょうか。

小説とか長い話って集中力が必要ですよね。
コージーミステリーなども何冊か並行して読み始めてるのですが、
停滞中。。。
短い話しか読めないー。

【児童書】Encyclopedia Brown Double Mystery #5
2013年07月03日 (水) | 編集 |
Encyclopedia Brown Double Mystery #5: Featured mysteries from Encyclopedia Brown, Boy DetectiveEncyclopedia Brown Double Mystery #5: Featured mysteries from Encyclopedia Brown, Boy Detective
(2012/12/25)
DonaldJ. Sobol

商品詳細を見る
YL:3.5 Lexile指数500L-595L
語数:3486(概算:17434/5)

天才小学生探偵が謎を解くシリーズ。
第1巻その5。

今回の事件は、
“The Case of the Missing Roller Skates”
“The Case of the Champion Egg Spinner”

第1巻10話は全部謎は解けた気がします♪

そもそも最初にこの本を読んだのは400万語台の頃で、
約7年前!(いやーーーん。)
今は1400万語台で、その当時から約1000万語ほど
読んでいるので、さすがに以前よりはさくさく読めます。

でも日本語では読もうと思わないので、英語で読む、
というのが楽しいのでしょうね。
脳のいつもと違う部分を使うのが刺激的なのかな?

プレミアムフローズントマト・バジル・ソルティー
プレミアムフローズン トマト・バジル・ソルティー
@エクセルシオール カフェ
うまし♪

【児童書】Encyclopedia Brown Double Mystery #4
2013年06月19日 (水) | 編集 |
Encyclopedia Brown Double Mystery #4: Featured mysteries from Encyclopedia Brown, Boy DetectiveEncyclopedia Brown Double Mystery #4: Featured mysteries from Encyclopedia Brown, Boy Detective
(2012/12/18)
DonaldJ. Sobol

商品詳細を見る
YL:3.5 Lexile指数500L-595L
語数:3486(概算:17434/5)

天才小学生探偵が謎を解くシリーズ。
第1巻その4。

今回の事件は
“The Case of the Diamond Necklace”
“The Case of the Knife in the Watermelon.”

ところで、私にとってこの本の難易度は、
一話について2、3語位辞書で確認するかな、という感じです。
一般に98%以上単語を知っている必要がある、と言われているそうですが、
それって1ページあたりどのくらい未知語が出現するってことなのか、
確認してみました。

(キンドルは自由にページあたりの文字数を変えられるので、
実は以下の話はあんまり意味がないことに書いてから気づいた
んですけど・・・(^_^;))

この本は一話が、大体
6p(問題編)+1p(解答編)+1p(挿絵)
でなりたっているので、
1743語/7p=249語/p
1ページあたり249語位とすると
1% 2.49語
2% 4.98語

確かに99%(1ページあたり2、3語わからない単語が出現する)なら
なんとか読めそうですが、
98%(1ページあたり5語位わからない単語が出現する)と
嫌になりそう。

あまりストレスなく読めるのは未知語が1ページに2,3語位、という
気がするので、99%以上はわからないと苦戦しそうですね。

ただ、年間500冊以上読む超読書家の人は読書能力が突出しているので、
95%以下(1ページあたり12語以上わからない単語が出現する)
でも読めそうな気がします。

私は99%以上は読めないと1/3位で挫折する確率が70%位ですね。。。
死屍累々。


【児童書】Encyclopedia Brown Double Mystery #3
2013年06月16日 (日) | 編集 |
Encyclopedia Brown Double Mystery #3: Featured mysteries from Encyclopedia Brown, Boy DetectiveEncyclopedia Brown Double Mystery #3: Featured mysteries from Encyclopedia Brown, Boy Detective
(2012/12/11)
DonaldJ. Sobol

商品詳細を見る
YL:3.5 Lexile指数500L-595L
語数:3486(概算:17434/5)

天才小学生探偵が謎を解くシリーズ。
第1巻その3。

今回収録されているのは、
“The Case of the Bank Robber”
“The Case of the Happy Nephew.”

ところで、2013年で50周年!のこのシリーズ。
記念バージョンが出版されています。

Encyclopedia Brown and his Best Cases EverEncyclopedia Brown and his Best Cases Ever
(2013/01/24)
Donald J. Sobol

商品詳細を見る

This book is a commemorative book released in celebration of Encyclopedia Brown's 50th. anniversary. The book contains a letter from Donald J. Sobol detailing the history of the book series and its creation as well as 15 cases selected from the previously published books.
ウィキペディアより

これまでの歴史や創作について作者からの手紙と、
これまで出版されているなかから選ばれた15作品が
収録されているとのこと。

ちょっと読んでみようかな、という方の最初の一冊にいいかも♪

【児童書】Encyclopedia Brown Double Mystery #2
2013年06月02日 (日) | 編集 |
Encyclopedia Brown Double Mystery #2: Featured mysteries from Encyclopedia Brown, Boy DetectiveEncyclopedia Brown Double Mystery #2: Featured mysteries from Encyclopedia Brown, Boy Detective
(2012/12/04)
DonaldJ. Sobol

商品詳細を見る
YL:3.5 Lexile指数500L-595L
語数:3486(概算:17434/5)

天才小学生探偵が謎を解くシリーズ。
第1巻その2。

ふふふ、私も謎が解けたかも。

ところで、Kindleで1巻からこちこち買ってみてるのですが、
実際どこまで読んでいたんだっけ、と調べてみたら、
少なくとも買っているか読んでいるのは22巻まで。
結構読んでいるなあ。

このシリーズを読んでいると挿絵つきなこともあって、
アメリカの小学生の日常に詳しくなる気がしてきます。
夏休み中とかのことが多いので、学校外のあれこれに。
教室での出来事って皆無かも?

最近は1年に1冊のペースで出版されていて、
まだまだ続きそうですが、とりあえずあと6冊読めば
コンプリート?!
狙ってみようかな。

◆23巻から28巻までの一覧

Encyclopedia Brown and the Case of the Jumping FrogsEncyclopedia Brown and the Case of the Jumping Frogs
(2011/04/20)
Donald J. Sobol

商品詳細を見る
Kindle 価格: ¥ 506

Encyclopedia Brown Cracks the CaseEncyclopedia Brown Cracks the Case
(2008/09/04)
Donald J. Sobol

商品詳細を見る
Kindle版がない?!

Encyclopedia Brown, Super SleuthEncyclopedia Brown, Super Sleuth
(2010/09/16)
Donald J. Sobol

商品詳細を見る
Kindle版がない?!

Encyclopedia Brown and the Case of the Secret UFOs: Encyclopedia Brown Series, Book 25Encyclopedia Brown and the Case of the Secret UFOs: Encyclopedia Brown Series, Book 25
(2010/10/14)
Donald J. Sobol

商品詳細を見る
Kindle 価格: ¥ 378

Encyclopedia Brown and the Case of the Carnival CrimeEncyclopedia Brown and the Case of the Carnival Crime
(2011/10/13)
DonaldJ. Sobol

商品詳細を見る
Kindle 価格: ¥ 506

Encyclopedia Brown and the Case of the Soccer SchemeEncyclopedia Brown and the Case of the Soccer Scheme
(2012/10/25)
Donald J. Sobol

商品詳細を見る

【児童書】Encyclopedia Brown Double Mystery #1
2013年05月28日 (火) | 編集 |
Encyclopedia Brown Double Mystery #1: Featured mysteries from Encyclopedia Brown, Boy DetectiveEncyclopedia Brown Double Mystery #1: Featured mysteries from Encyclopedia Brown, Boy Detective
(2012/11/27)
DonaldJ. Sobol

商品詳細を見る
YL:3.5 Lexile指数500L-595L
語数:3486(概算:17434/5)

おお~、Encyclopedia Brown シリーズがキンドルで!

天才少年探偵が謎を解いていく一話完結もの。

話の最後に、
HOW DID ENCYCLOPEDIA KNOW THAT?
などという一文で、読者への挑戦ものになっています。

一冊¥86!安い!今買っておかなくっちゃ!と
ぽちぽちしたら、分冊本で2話しか入っていませんでした。^^;

kindleの価格はころころ変わるみたいなので、いつまでこの価格か
わかりませんが、今のところ、
Kindle版 #1 ¥ 86
Kindle版 #2 ¥ 86
Kindle版 #3 ¥ 86
Kindle版 #4 ¥ 80
Kindle版 #5 ¥ 80
----------------
¥418
で、一冊にまとまっている
Double Mystery #1 Kindle版 ¥ 506
より
¥88安いです。
(うっ、細かい(汗)でも最初見たときよりじわじわ値段が上がっているっ)

以前このシリーズを読んでいたときはわりと難しくて、細かいとこまで
読み込めないと謎が解けないので、ほとんど答えがわからないまま、
適当に読み飛ばしていたのですが、今なら謎が解けるかも?!

ふふふふ。

【児童書】Encyclopedia Brown
2011年10月21日 (金) | 編集 |
Encyclopedia Brown, Boy DetectiveEncyclopedia Brown, Boy Detective
(2007/09/06)
Donald J. Sobol

商品詳細を見る
YL:3.5
語数:17,434語

先日BookOffでEncyclopedia Brownシリーズを見つけたので、
懐かしくて購入、読んでみました。

1冊に10話収録されていて、必ず最後は「犯人はだれでしょう」という
ように終わって、後ろに解答がついている、Q&A形式になっています。

なぞなぞを解いているような感じで楽しめます。

"The proof," said Encyclopedia, "is still in the kitchen."
WHAT WAS THE PROOF?
とか、
"You will," said Encyclopedia, "if you stop and think."
WHOM DID ENCYCLOPEDIA SUSPECT?
とか。

子供の頃読んだ学習雑誌に載っていたようなミニミニミステリー。

結構謎は解けません(^_^;)

今回読んだのはこちら。
Encyclopedia Brown and the Case of the Midnight VisitorEncyclopedia Brown and the Case of the Midnight Visitor
(2008/05/15)
Donald J. Sobol

商品詳細を見る
YL:4.5
語数:8,565語

表紙が変わっていたので、読んだことがない巻だったらいいなあ、と
願いつつ、読み終わってから確認したら、持っている本でした...orz

以前は買いにくかった印象があるのですが、
2007年に表紙も一新されて再出版されているようで、
購入しやすそうです。
円高で¥ 359~。

多読手帳で記録を確認すると400万語台の頃せっせか読んでいたシリーズ。

現在28巻まで出ているようです。
Encyclopedia Brown by wikipedia

古本屋で見つけたら買い、ですが、表紙が変わっていて同じのを
買いそうだしなあ。
こだわって全巻揃えるか、悩みどころです(^^ゞ

encyclopedia brown.