英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
【絵本】Ashanti to Zulu: African Traditions / Margaret Musgrove ・ Leo and Diane Dillon
2016年12月16日 (金) | 編集 |
Ashanti to Zulu: African Traditions (Picture Puffin Books)Ashanti to Zulu: African Traditions (Picture Puffin Books)
(1992/07/15)
Margaret Musgrove

商品詳細を見る
YL:3.5
語数:1800

AからZまで26のアフリカの部族について、それぞれ
一枚のイラストと60語前後の英文で解説されている絵本。

同じアルファベットからなる部族は代表的なものが選ばれているの
でしょうか?

現在の部族の様子というより歴史資料的な意味があるような気がします。

例えば「東アジアの人びと」という絵本で、日本を
一枚の絵にまとめられたら、着物を着て後ろに富士山がある
浮世絵の世界になるだろうなあ、という感じじゃないかと。

でもきちんと正確に書くことを考慮されて描かれていて、
美しい一枚一枚の絵からそれぞれの部族への尊厳と、気品が
伝わってきます。

部族の特徴を捉えて一枚の絵におさめる、ってほんとすごい労力
ですよね。

Their research has been exhaustive, covering the thousands
of details they have shown in their paintings.
In order to show as much about the different tribes as possible,
in most paintings the Dillons have included a man, a woman,
a child, their living quarters, an artifact, and a local animal.
They have drawn these elements together with the remarkable
artistic insight which has become their hallmark, capturing
in their artwork the beauty and dignity of each of the twenty-six
peoples described.

コールデコット賞受賞作


カフェウィーン
@カフェウィーン三越
銀のお盆がウィーンぽいです♪

【絵本】The Porcelain Cat / Michael Patrick Hearn ・ Leo and Diane Dillon
2016年12月15日 (木) | 編集 |
The Porcelain CatThe Porcelain Cat
(1987/11)
Michael Patrick Hearn

商品詳細を見る
YL:2
語数:2000(概算)

ネズミが戸棚をうろちょろして
本のページが害獣にかじられている
half a page had been gnawed away by the vermin
ことに気づいた魔法使い:sorcerer
が、磁器製の猫:porcelain cat
に生命を吹き込む魔法をかけるために、
小びん一杯のバジリスクの血
a vial of basilisk blood
をもらってくるように弟子:apprentice
に頼みます。

弟子のNickonは、

森の草深い塚に住む魔女
at the base of a grassy mound that rose from the middle of the forest
河口に住むUndine ウンディーネ、水の精
water maidens dwell at the mouth of river
森のケンタウロス、半人半馬の怪物
Centaur of the Wood

に出会うことになります。

Leo and Diane Dillonのイラストがとにかく美しいです☆
うっとり。
お話も軽快で楽しめます。



カフェウィーン
鶏肉のグーラシュ@カフェウィーン三越

【絵本】Aida / Leontyne Price ・ Leo and Diana Dillon
2013年02月19日 (火) | 編集 |
AidaAida
(1990/10/22)
Leontyne Price

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:3208

ヴェルディ作曲のオペラで有名なアイーダ。
3月、新国立劇場で上演されるんですね!

国を取るか愛を取るか、というお話ですが、
この絵本ではエジプトの将軍Radamesラダメスの
選択が際立っていました。

メインのイラストとは別に小さめに書かれたエジプトの
壁画風のイラストも素敵です。

以前劇団四季で見たときは、
エジプトの王女アムネリスがお 風呂?で歌うシーンが印象に残ってます。
なんかはじけている感じが良くって^^

Long ago, in the faraway land of Ethiopia, there lived a Royal
Princess who was gentle as moonlight and beautiful as the morning star.
Her name was Aida, and more than anything on earth, she loved
her father and her county.
Here, in one of the great love stories of all time, Aida,
the proud Princess, is captured by Egyptian soldiers and forced
into slavery by her country’s greatest enemy.
When she falls in love with the leader of the Egyptian army,
a terrible emotional struggle begins.
Should Aida forsake loyalty to her father and her country
for her true love --- a warrior destined to destroy them both?



【絵本】The Race of the Golden Apples / Claire Martin ・ Leo and Diane Dillon
2013年02月18日 (月) | 編集 |
The Race of the Golden ApplesThe Race of the Golden Apples
(1991/09/02)
Claire Martin

商品詳細を見る
YL:2
語数:1600(概算)

ギリシャ神話
『アタランテとヒッポメネス』
参考:ウィキペディア
をベースに細部をややアレンジして描かれている絵本です。

表紙の地上で誰よりも走るのが早い少女Atalantaアタランテーや、
狩りの女神Dianaダイアナが美しい~☆
宮廷での衣装なども素敵~☆
宮廷の壁紙なんかも凝っています。

美しいイラストでギリシャ神話が楽しめます。

あらすじ:
The beautiful Greek princess will wed only the suitor
who can outrun her.
But this princess was raised in the forest by Crona the she-bear,
under the protection of Diana, Goddess of the Hunt.
No one runs swifter than Atalanta, as many young men
learn at the cost of their lives.
The hero Hippomenes will risk everything to win her love,
and the Goddess of Love gives him three golden apples to help him.
The race is on and life and lace hang in the balance.

suitor : 求婚者