英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
LOVE LETTERS at SIXTY―Wife to husband,husband to wife
2017年03月18日 (土) | 編集 |
LOVE LETTERS at SIXTY―Wife to husband,husband to wifeLOVE LETTERS at SIXTY―Wife to husband,husband to wife
ケイト エルウッド

日本放送出版協会 2004-12
売り上げランキング : 741424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
YL:3
語数:8000


夫から妻へ、妻から夫へ 60歳のラブレター夫から妻へ、妻から夫へ 60歳のラブレター
NHK出版

日本放送出版協会 2001-10
売り上げランキング : 417867

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


と「夫から妻へ 妻から夫へ 60歳のラブレター②」から
55編を英訳しまとめた本です。

50代60代のご夫婦の手紙は
どれも愛情がこもっていて、
読んでいて思わず涙があふれてきてしまいます。

あとがきでモリエールの
「愛は多くの場合結婚の成果です」
という言葉が引用されていましたが、

長い期間、時間と記憶を共有してきたこと、
それ自体が価値あることとして大事に思えてきたり、

そろそろ終わりが見え始めてきた頃だからこそ
一層愛おしく感じるものなのかもしれません。

単語確認:
esophagus[ɪsάfəgəs]  食道
deceive[dɪsíːv]  だます
predicament[prɪdíkəmənt]  苦境、窮地
taciturn[tˈæsət`ɚːn]  無口な、口数の少ない
remonstrate[rɪmάnstreɪt]  抗議する
elate[əléɪt] 元気づける、得意がらせる
uncouth[ʌnkúːθ]  無骨な、やぼな、不器用な
forlorn[fɚlˈɔɚn]  心細い
dispel[dɪspél]  払いのける、晴らす
drowsiness[dráʊzinəs]  眠気
fidget[fídʒɪt]  そわそわする
budgerigar[bʌ́ʤ(ə)rɪgɑ̀ːr]  セキセイインコ
swindler[ swɪ́ndəlɚ]  詐欺師
wheedle[wíːdl]  甘言で巻き上げる
bumpkin[bˈʌm(p)kɪn]  (いなか出の)ぶこつ者
Cairns ケアンズ
tuft[tˈʌft]  やぶ、木立、茂み
verdant[vˈɚːdnt]  新緑の、青々した


love letters at sixty
早矢仕ライス@マルゼンカフェ
【児童書】The Emperor Who Built The Great Wall
2016年11月20日 (日) | 編集 |
The Emperor Who Built The Great Wall (illustrated kids books, picture book biographies, bedtime stories for kids, Chinese history and culture): Qin Shihuang ... Upon A Time In China 1) (English Edition)The Emperor Who Built The Great Wall (illustrated kids books, picture book biographies, bedtime stories for kids, Chinese history and culture): Qin Shihuang ... Upon A Time In China 1) (English Edition)
Jillian Lin Shi Meng

2015-02-06
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
YL2.2 語数1,260

秦の始皇帝Qin Shi Huangのお話。

万里の長城に行ってきたこともあって、
読んでみました。

アマゾンの無料本でしたが、
イラストもきれいで読みやすかったです。

兵馬俑も行ってみたい気がしますが、
遠くて難しそうな場所ですね。
あー、せめて今年来ていた展覧会に
行けばよかった!

児童書というより絵本かもしれません。

このシリーズ読んでみたいけど、今のところ、
1巻しか無料ではないんですよね。
まあそんなに高い本ではないんですが。。

★以下引用メモ
More than one million people died building it, so the Great Wall is sometimes called ‘the longest cemetery on earth’.
9/18
万里の長城で、ガイドさんからそんな説明は聞きませんでした^^;

He filled it with things to use in the afterlife including a palace, an army of clay soldiers, all kinds of valuable objects, servants, and even a zoo.
10/19
動物園まで!「始皇帝と大兵馬俑」展、良かったらしいですね。

9 - Only a tiny part of the emperor’s tomb has been dug up. When you visit, all you can see are about 2,000 of the 8,000 clay soldiers. No one has ever been inside the huge underground kingdom. It is said there are mountains of gold, thousands of precious jewels set in the ceiling as stars, and flowing rivers of mercury. Mercury is a poisonous liquid metal which makes people so sick they could die. That is why the tomb has not been completely dug up.
14/19
「明の十三陵」でもまだひとつしか発掘していないと言ってましたが、そういった理由なのかな。

万里の長城



The Mystery of the Periodic Table (Living History Library) / Benjamin, Ph.D. Wiker Jeanne Bendick Ted Schluenderfritz
2016年10月29日 (土) | 編集 |
The Mystery of the Periodic Table (Living History Library)The Mystery of the Periodic Table (Living History Library)
Benjamin, Ph.D. Wiker Jeanne Bendick Ted Schluenderfritz

Bethlehem Books 2003-05
売り上げランキング : 78544

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

YL:6
語数:28,452

子供向きにやさしく書かれた化学史の本。
Periodic table周期表が作られるまでの
人々の奮闘の記録。

すごく面白かったです!

化学史を最初から学んだことが
ほとんどなかったと思うので、
好奇心をかきたてられました。

フロギストン説のところで、
こういう風に間違っていたんです、
というのがややこしくて、読みにくかったですが、
あまりに面白くて、乏しい化学の知識を
思い出しつつ読了。

この本のおかげで、
ひさしぶりに英語の読書を
細々と再開することが出来ました。

こういう感じの本がいっぱい見つかれば、
もっと英語での読書も進むのになあ。

歴史って面白いですが、征服と政治、
という血なまぐさいことも多いですが、
化学史とか発見の歴史って
純粋に人間の挑戦で、
こんなに面白いものなんですね。

化学について知っていると
英語がさくさく読めると思いますが、
あまり知らなくても最後に基本的な用語について、
Glossaryにまとまっているので、楽しめると思います。

あ、いくつかの法則はややこしくて
ウィキペディアで日本語で確認しながら
読みました。^^;

法則がある程度理解出来てから
英文を読むと分かりやすかったです。
知らないことを英語で読むのって
難しいですよね。
まだまだだなあ。

★以下引用メモ
vaporizing (using the heat of a fire) or evaporating (using the heat of the sun)
245/1539
こんな違いがあるんですね。

Alchemy could not be transformed into chemistry until the efforts of the alchemists were turned to an examination of air.
296/1539

Today, we understand gas to be one of the four possible states of matter: solid, liquid, gas, and plasma.
(中略)
(Plasma, the fourth state, consisting of charged gaseous particles, does not naturally exist on earth, except in lightning.)
325/1539
プラズマってそうなんだ。

Boyle found out, through many experiments, that the volume of a gas is inversely proportional to the pressure. (“Inversely proportional” simply means that as one increases, the other decreases in the same way.) This relationship is now called “Boyle’s Law.”
404/1539
ボイルの法則(英: Boyle's law)とは、一定の温度の下での気体の体積が圧力に逆比例することを主張する法則
ウィキペディア

Sometimes a clearly defined error is the only way to discover the truth.
440/1539

He found French gunpowder to be the most poorly made in Europe. Under his direction it became the best. He tried to bring about a better supply of water to Paris, and advocated the use of fire hydrants as well. He called for reforms of the prisons, and for the government to pay for life insurance for the poor. He tried to help the farmers by showing them better methods of cultivating their land.
608/1539
He とは質量保存の法則を発見、酸素の命名、フロギストン説を打破したことから「近代化学の父」と称されるアントワーヌ・ラヴォアジエ (Antoine-Laurent de Lavoisier)
ウィキペディア

If you read a textbook of chemistry written prior to the publication of Lavoisier’s Elementary Treatise on Chemistry, it would make no sense
681/1539
とまで言われるわけですね。
それなのに。。。

An element is the last point which chemical analysis is capable of reaching. If it cannot be taken apart by andy further chemical analysis, it is an element; if it can, it is not an element but a chemical compound. Water is not an element, but oxygen and hydrogen are.
700/1539

“It required only a moment to sever his head, and probably one hundred years will not suffice to produce another like it.”
707/1539
「彼の頭を切り落とすのは一瞬だが、彼と同じ頭脳を持つものが現れるには100年かかるだろう」

he became so angry while discussing Berzelius’ symbols with a visitor that he had a stroke!
908/1539
heとはジョン・ドルトン(John Dalton)
「自らが先天色覚異常であることを発見したことによって、ドルトニズムの語源」となった人でもあるんですね。
ウィキペディア
daltonism 先天色覚異常
イェンス・ヤコブ・ベルセリウス(Jöns Jacob Berzelius)

The more popular name of nitrous oxide? Laughing gas.
926/1539
nitrous oxide亜酸化窒素

He shouted the answer. But no one heard him. In fact, no one recognized the importance of his answer until 1860, almost fifty years later, when chemists were so fed up with all the problems and confusions plaguing chemistry that they called an international meeting. There, another Italian, Stanislao Cannizzaro (1826 – 1910), who did see the significance of Avogadro’s answer, handed out a short pamphlet explaining it to the other chemists.
“Ahh,” they said, “now we see!”
(中略)
Some atoms travel in pairs.
1020/1539
Heとは、アメデオ・アヴォガドロ(Amedeo Avogadro)
アボガドロの法則を発見。

They have a deep down feeling that things are not just put together randomly, a strange intuition that, underneath it all, there is a conspiracy going on, a great conspiracy of order. That is why chemists started to wonder, and wonder (as Aristotle said long ago) is the beginning of all science.
1063/1539

But his mother, who supported the family after the death of her husband by operation a glass factory, saw some great spark in young Dimitrii.
1136/1539
ドミトリ・メンデレーエフのお母さん、夫亡き後、ガラス工場を経営しながら家族を支えるなんてかっこいい。
ドミトリ・イヴァノヴィチ・メンデレーエフ(Dimitrii Ivanovitch Mendeleev)元素の周期律表を作成
ウィキペディア

He discovered the order by playing cards. He wrote the properties of each element on separate cards, whether they were reactive or not reactive, or found in acids or bases, or were metals or non-metals, or combinaed with other elements in this way rather than that way. Then, he started to arrange them.
(中略)
the properties of the elements recurred periodically.
This is why it is called the Periodic Table, and why the horizontal rows are now called periods. When something recurs periodically, it repeats a pattern.
1149/1539

he was a great patriot of France he called it gallium (Ga, atomic weight 69.72), for France’s Gallic heritage.
(中略)
he called it germanium (Ge, atomic weight 72.59), for he thought his people, the Germans, were every bit as clever as the French!
1209/1539
結構国名とかで命名しているんですね。
まあ面白くするためにかなり極端に言っているとは思いますが。
ちなみに、113番目の元素ニホニウム「Nh」。
ニッポニウムという周期表から落とされた幻の元素もあったんですね。

Ar (arsenic) ヒ素

Moseley showed that the real cause of the underlying order was not atomic weight, but the number of protons which each element has.
1272/1539
proton 陽子
ヘンリー・モーズリー(Henry Moseley)

While the protons line elements up horizontally, and the electrons line things up vertically,
1348/1539

For example, a carbon (C) atom will have 6 protons, but may have only 5 neutrons. Or 6. Or 7. Or 8.
1355/1539

the atomic weights are still relative, as they were for Dalton, but not relative to the weight of hydrogen. They are all relative to the weight of an isotope of carbon, carbon 12. The atomic weight of carbon 12 is taken to be exactly 12, and everything else, including hydrogen, is given its weight relative to carbon 12. While there are 109 elements, there are over 1000 isotopes!
1363/1539
Isotope 同位体[元素]

The structure of the atom as we have pictured it is, to say the very least, enormously simplified. Real electrons, for example, are not nice little round balls flitting around perfectly round orbits. They are an odd combination of a wave and a particle, which leaps about in ways that we have great difficulties understanding.
Also, remember how astounded Mr. Rutherford was to find that the atoms, out of which every material thing in the universe is made, seem to be made mostly of empty space!
1420/1539
particle 粒子

chemists also define an “element” more exactly as all atoms with the same number of protons.
1452/1539

洋書ノンフィクション一覧
2016年04月29日 (金) | 編集 |
Dreams, Myths and Fairy Tales in Japan / Hayao Kawai
2014年06月04日 (水) | 編集 |
Dreams, Myths and Fairy Tales in JapanDreams, Myths and Fairy Tales in Japan
(1995/09)
Hayao Kawai

商品詳細を見る
YL:8
語数(概算):40000

This book consists of five lectures which were originally given at Eranos Conferences, Ascona, Switzerland, from 1983 to 1988. All are concerned with Japanese culture: Japanese dreams, myths, fairy tales, and medieval stories.
Introductionより


臨床心理学者の河合隼雄氏が生前エラノス会議で行った
5つの講演が収録されています。

日本文化:夢、神話、おとぎ話、中世民話に関連した内容で、
1章 - 中世日本の夢:「宇治拾遺物語」
2章 - 明恵上人の夢:「夢記」
3章 - 日本の神話:「古事記」
4章 - 日本の昔話:「浦島太郎」「わらしべ長者」「うぐいすの里」など
5章 - とりかへばや物語
からなっています。

大変興味深い内容で、河合先生の著作が好きな方、
上記のキーワードに関心がある方は、
とても面白く読めると思います。

日本人の心を解く――夢・神話・物語の深層へ (岩波現代全書)日本人の心を解く――夢・神話・物語の深層へ (岩波現代全書)
(2013/06/19)
河合 隼雄

商品詳細を見る

アマゾンの内容紹介に
「エラノス国際会議での講演をもとに生前に英語で書下された。」
と書かれており、内容は確認していませんが、多分
「Dreams, Myths and Fairy Tales in Japan」を翻訳したものだと思われます。

オレンジジュース

Mind Maps for Kids: An Introduction / Tony Buzan
2012年03月19日 (月) | 編集 |
Mind Maps for Kids: An Introduction - The Shortcut to Success at SchoolMind Maps for Kids: An Introduction - The Shortcut to Success at School
(2003/02/03)
Tony Buzan

商品詳細を見る
YL:3
語数:10530(概算:150*117p*0.6)

マインドマップを使って学校の勉強や楽しい計画を
もっと効率的にこなしちゃおう、という小学生向けに
マインドマップについて書かれた3部作の1冊目。

本書:An Introductionの構成はこんな感じ
マインドマップって何?
マインドマップで何が出来るの?
マインドマップで学校の勉強をやってみよう。
テストで高得点を取ろう。
楽しいことあれこれ。

English, History, Mathematics, Science Geography,
Modern Foreign Languages

といった教科から、
Party Planning, Sort That Bedroom! Planning a Project,
Your Dream Shop, Do the Write Thing!
We’ll All Going on a Mind-Mapped Holiday

といったFun Stuffまで、
実際に書きながら&例を見ながら、マインドマップについて学べます。

私が実際に書いたのは約11枚ほど。
さすがに科学などはマインドマップ以外で表現した方が
まとめやすいような気もしましたが、
マインドマップというと、一人ブレインストーミング(Brainstorming)
のような感じで、
アイディアを広げるのに役に立つように思っていましたが、
整理する、というのにも使えるのが体感出来て、面白かったです。

パソコンで書いてまとめることが多いですが、
実際に手を動かして、紙の上に絵をなんかも付け加えながら
書いていくのは、楽しいですよね。

Lots of recent studies show that doodling helps your concentration
and is a great memory booster.
A Mind Map is the most sophisticated doodle imaginable!

P73
doodle:いたずら書き
ってことですし♪

それにしてもトニー・ブザン氏って英国の方だったんですね。

◆以下引用メモ

→ 続きを読む
【洋書】Around the World in a Hundred Years / Jean Fritz
2012年02月17日 (金) | 編集 |
Around the World in a Hundred YearsAround the World in a Hundred Years
(1998/07/20)
Jean Fritz

商品詳細を見る
YL:6.5
語数:22974語

100年間で世界一周!:Around the World in a Hundred Years.
海が全く未知の世界だった頃の
Prince Henry the Navigatorエンリケ航海王子 から
ついに世界一周を果たすFerdinand Magellanフェルディナンド・マゼランまで、
10人の探検家の軌跡を辿り、大航海時代が描かれていきます。

子供向けの本なので、読みやすいです。
挿絵も理解を助けてくれます。

取り上げられている探検家10人について、もうちょっと知りたかったので、
日本のウィキペディアにリンクを張りましたが、
本書とはまったく逆の評価が書かれているものもあります。

知らなかった人も多くて、面白かったですが、
なんといってもマゼランがドラマチックです。
過酷さも一番だけど。
Who was シリーズのマゼランを再読してみたくなりました。

ヨーロッパ人にとって全く未知の空間、海を越えて、
次々に新しい世界が開けていく様子は興奮しますが、
それにしても、現地の人々に対する仕打ちはひどいです。。。
本格的な南米、北米での征服はもう少し後の歴史となるわけですが。

黄金の国Japanを目指してやってくるので、
こんな人達がやってきて日本は大丈夫か?!と調べてみると、
ここで取り上げられてる大航海時代1421-1522は、日本では室町時代。
応仁の乱以降は戦国時代ということなので、
やすやすと征服はされなかったと思いたいです。

本書ではほとんど触れられていませんが、中国の明の時代、
永楽帝の命で南海への七度の大航海を行った鄭和は
1414年頃にはアラビア海まで達しています。

鄭和について書かれているサイトで
Japanese sea pirates が台湾あたりに行っているようですが、
いわゆる倭寇ですかね。

冒険ものが好きな人にお薦めです♪

◆大航海時代の10人の探検家

Prince Henry the Navigator エンリケ航海王子

Bartholomew Diaz バルトロメウ・ディアス

Christopher Columbus クリストファー・コロンブス

Vasco da Gama ヴァスコ・ダ・ガマ

Pedro Alvares Cabral ペドロ・アルヴァレス・カブラル

John Cabot ジョン・カボット

Amerigo Vespucci アメリゴ・ヴェスプッチ

Juan Ponce de Leon フアン・ポンセ・デ・レオン

Vasco Nunez de Balboa バスコ・ヌーニェス・デ・バルボア

Ferdinand Magellan フェルディナンド・マゼラン

参考:
大航海時代
鄭和
Admiral Zheng He [Cheng Ho] !

◆以下引用メモ

→ 続きを読む
アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書 What Young Americans Know about History
2012年02月03日 (金) | 編集 |
アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書
(2005/01)
村田 薫、James M. Vardaman Jr. 他

商品詳細を見る
YL:4位
語数:40000位

アメリカの小学生の歴史の教科書。
左ページが英語、右ページが日本語で、大変読みやすいです。

ほほぉ~、と、付箋はりまくりで、
引用がかなりの量になってしまいました。

「この本は、バージニア大学のE.D.ハーシュ教授(英文学)が編纂した
6冊の小学生用教科書からアメリカ史の部分を抜粋して1冊にまとめたものです。
(中略) 
本書は3年生の教科書からとった文章で始まり、
第5章の「第一次世界大戦」以降が6年生のものです。
1年、2年用教科書で必要な個所は、適宜各時代の章の中に織り込みました。」
p5

◆目次
第1章「アメリカ発見から植民地まで」FROM DISCOVERY TO COLONIES
第2章「独立戦争と新国家」THE REVOLUTIONARY WAR AND THE NEW NATION
第3章「南北戦争と南部再建」THE CIVIL WAR AND RECONSTRUCTION
第4章「西部の拡大とフロンティア」WESTWARD EXPANSION AND THE FRONTIER
第5章「第1次世界大戦と大恐慌」WORLD WAR Ⅰ TO THE GREAT DEPRESSION
第6章「第2次世界大戦と冷戦」WORLD WAR Ⅱ AND THE COLD WAR
第7章「'60年代の大変動」UPHEAVAL IN THE SIXTIES

前半はWho was~?シリーズで部分的に知っていたエピソードが
歴史の流れとしてつながってくる感じがしました。

↓『アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書』に登場した人たち(一例)
アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書

内容的に知っていることの多い後半はサクサク読めました。

アメリカ人が小学校で習う最低限の歴史位知っときたいかな、というのも
読む原動力になりました。って今頃読んでいるんですけど(^_^;)

それにしても戦争続きの歴史の中でも、広島長崎の原爆投下が一番ひどいのでは。。。。

イギリスやフランスとの関係は最初から続いていますが、
突然第6章で出てくる日本がインパクトあります。

アメリカ人なら誰でも知っている歴史を学びつつ、
「読み手に語りかけるやさしい文体で書かれ」
「イディオムの宝庫」で
「解りにくいことを明快に説明する文章の技術を学べる」
かなりお勧めの本です。

バーガーキング
アメリカンっぽくバーガーキング。

◆以下引用メモ

→ 続きを読む
【洋書】Tuesdays With Morrie モリー先生との火曜日 / Mitch Albom
2011年12月16日 (金) | 編集 |
Tuesdays With Morrie: An Old Man, a Young Man, and Life's Greatest LessonTuesdays With Morrie: An Old Man, a Young Man, and Life's Greatest Lesson
(1998/12/29)
Mitch Albom

商品詳細を見る
YL:6.5
語数:35144

普及版 モリー先生との火曜日普及版 モリー先生との火曜日
(2004/11/21)
ミッチ・アルボム

商品詳細を見る


スポーツジャーナリストの著者が、
筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)
amyotrophic lateral sclerosis(ALS)
を発病した学生時代の恩師Morrie先生のもとを毎週火曜日に訪れ、
死のプロセスを伴走するノンフィクション。

途中学生時代のエピソードやそれぞれの幼年期の逸話なども語られます。

ジャーナリストによる冷徹な目で淡々と話が進んでいく印象ですが、
最後まで息を詰めて見守る感じです。

英語は会話も多くシンプルな英語で書かれているので、
読みやすいです。

For One More Day もう一日
The Five People You Meet in Heaven 天国の五人
とMitch Albomの作品を読んだので、
以前日本語で読んだことのあるこちらの本も読んでみたのですが、
思いがけず(?)フィクションの方が胸に迫るものが多かったような
気がします。

事実はつらすぎるので心にガードをかけてしまうのでしょうか?

やっぱり英語の壁?
フィクションは妄想力で膨らましちゃえますから。

tuesdays with Morrie

以下引用メモ
※私が読んだのは、活字の大きいlargeprint版なので、
ページ番号は本によって違うと思います。

→ 続きを読む
A Little History of the World/若い読者のための世界史
2011年05月12日 (木) | 編集 |
A Little History of the WorldA Little History of the World
(2008/10/07)
E. H. Gombrich

商品詳細を見る
 YL:6.5
 語数:91600
 SSS書評

若い読者のための世界史若い読者のための世界史
(2004/12/01)
エルンスト・H・ゴンブリッチ

商品詳細を見る


美術史学者の著者が25才のときに書き上げた、
有史以前から第1次大戦終了までを網羅する世界史。
最後の1章が50年後の著者により追加され、
第2次大戦後の現在まで書かれています。

語りかけるような文章で、大変わかりやすく面白かったです。
読みながら高校の世界史の授業が懐かしく思い出されました。

各章の冒頭の版画風のイラストが素敵で、
イメージを膨らませてくれます。

「今年の本」の1冊に決定♪

歴史って流れとして読むと面白いですね。

同種の本を色々読みたくなります。

history1