英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵本】The Tunnel / Brian Wildsmith
2017年01月26日 (木) | 編集 |
The TunnelThe Tunnel
(1993/10/28)
Brian Wildsmith

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:600

One day a little English mole called Marcus wrote a letter
to his cousin Pierre who lived in France.
Marcus put the letter in a bottle,
threw it into the English Channel,
and watched it float across to France.


イギリスに住むもぐらのMarcusがフランスに住むいとこのPierreに
フランスに遊びに行きたいなあ~、って手紙を出します。
瓶に入れて、イギリス海峡に流して。
モグラは船に乗れないので、トンネルを掘ることに。
英仏海峡トンネル!

英語とフランス語の二か国語絵本です。

スポンサーサイト
【絵本】Professor Noah's Spaceship ・ The Circus / Brian Wildsmith
2016年11月25日 (金) | 編集 |
Professor Noah's SpaceshipProfessor Noah's Spaceship
(2008/08/30)
Brian Wildsmith

商品詳細を見る
YL:1.8
語数:1050

ノアの方舟、近未来版。

Lion sighed. ‘My friends, we must do something.
Our very lives are in peril.
Does anyone have an idea what we should do?’


生活環境が脅かされていることに危機感をいだいた動物たちが
なにやら巨大なものを作っている人のところに相談に行きます。

‘During my flights over the forest,’ said Owl,
‘I have observed a huge and wondrous object being built.
Whoever is building this must be very clever.
He should be able to tell us what to do.
We must go there at once. Follow me.’


動物たちは新しい生活を手に入れることが出来るでしょうか。

Brian Wildsmithさんのイラストって、
ほんと一枚一枚が絵画ですよね。
ちょっと好みは分かれるかもしれませんが。

The CircusThe Circus
(1980/01)
Brian Wildsmith

商品詳細を見る
YL:0.1
語数:9

ほとんどセリフのないサーカスの絵本。

ゴルフ場でケーキ


【絵本】The Cherry Tree / Brian Wildsmith
2014年04月09日 (水) | 編集 |
The Cherry TreeThe Cherry Tree
(1991/04/18)
Daisaku Ikeda

商品詳細を見る
YL:2
語数:1000(概算)

TAICHI AND HIS SISTER, Yumiko, lived with their mother
in an abandoned farmhouse.
Their country had been at war,
and airplanes had dropped bombs on their village.
Their own house lay in ruins, and their father was dead.
For Taichi and Yumiko, the bombs had shattered their world
into a thousand pieces.
Their mother’s heart was shattered too.

戦争で村が爆撃され家は壊れ、父は亡くなり、
村も心も粉々になった世界で、桜を守る話。

Brian Wildsmithさんによる美しい異国情緒漂うイラスト♪

日本の話だと思いますが、
植生と服装でこんなにも違う国に(*'▽')
badger:アナグマ
も日本にはあまりいないんじゃあ。。
日本にいるのは狸Raccoon dogなのでは。
あ、ニホンアナグマっているんですね。

新宿御苑 桜
@新宿御苑

【絵本】The Hare and the Tortoise ・ Lion and the Rat / Brian Wildsmith
2014年02月18日 (火) | 編集 |
The Hare and the TortoiseThe Hare and the Tortoise
(2007/06/07)
Brian Wildsmith

商品詳細を見る
YL:1
語数:380(概算)

BASED ON FABLE BY LA FONTAINE

「ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ:
17世紀フランスの詩人。
イソップ寓話を基にした寓話詩(Fables、1668年)で知られる。」
ウィキペディアより引用

A hare and a tortoise were having an argument.
The hare, who could run very fast,
thought he was much more clever than the tortoise,
who could only move slowly and had to carry his house
around on his back.


いわゆるイソップ童話の「ウサギとカメ」。
ウサギは相手しか見てなかったけど、
カメはゴール、目的地を見ていたのだ、というような話を
聞いたことがありますが、
まああれこれ色々突っ込みたくなる話ですよね☆

Lion and the RatLion and the Rat
(2007/10/01)
Brian Wildsmith

商品詳細を見る
YL:0.8
語数:191

A FABLE BY LA FONTAINE

One day, a rat walked, by accident,
between a lion’s paws.
But the lion allowed him to escape, unharmed.
The rat thanked the lion, and said:
‘One day I shall repay you for your kindness.’


こちらは「ライオンとネズミ」。
ちょっとググっただけで、こちらも色々深読みがされてそう~。

【絵本】THE SNOW COUNTRY PRINCE / Brian Wildsmith
2014年02月17日 (月) | 編集 |
THE SNOW COUNTRY PRINCETHE SNOW COUNTRY PRINCE
(1991/09/17)
Daisaku Ikeda

商品詳細を見る
YL:2
語数:900(概算)

IN THE LAND called the Snow Country,
the end of summer changes everything.
The fishermen must beach their boats,
turn their backs on the stormy sea,
and travel inland to the cities to find other work.


雪国では夏が終わると漁師のお父さんは街に出稼ぎに
いかなくてはなりません。
故郷で待つ子供たちは冬の間渡ってくる白鳥たちの
世話を始めました。

美しいイラスト♪
日本の話だと思いますが、異国情緒漂います。
服装が微妙に違うからかも。

1, 2, 31, 2, 3
(1981/01/31)
Brian Wildsmith

商品詳細を見る
YL:0.1
語数:28

1から10までの数字の本。直球勝負。
こんな風に、折り紙、色紙、自分で絵を描いたら楽しいかも~。

【クリスマス絵本】A Christmas Story / Brian Wildsmith
2012年12月13日 (木) | 編集 |
A Christmas StoryA Christmas Story
(2007/10/04)
Brian Wildsmith

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:456

Once, a long time ago in a town called Nazareth,
a little donkey was born.
When the little donkey was almost nine months old,
his mother set out on a long trip with her mistress and master,
whose names were Mary and Joseph.
They asked Rebecca, a child who lived nearby,
to look after the little donkey while they were gone.

クリスマスのお話。
9か月になったロバの仔と世話を頼まれた少女レベッカを中心に
話が進みますが、
「むかしむかし、Nazarethという町で小さなロバが生まれました。」
という最初のイラストの左上には重要な場面が!

文章を読むだけでなく、隅々まで美しく書き込まれたイラストが楽しめます。

伊豆高原にワイルドスミス絵本美術館ってあるんですね!

【絵本】Fishes ・ Goat's Trail / Brian Wildsmith
2012年12月06日 (木) | 編集 |
FishesFishes
(1987/06/25)
Brian Wildsmith

商品詳細を見る
YL:2
語数:71

見開きで悠々と泳ぐ魚たち。
1行ずつ説明があります。
魚の姿から名前を当てるのって日本語でも難しいですね(^_^;)

A shoal of mackerel サバ
A cluster of porcupine fish ハリセンボン
A school of butterfly fish チョウチョウオ
A flock of dolphin  イルカ
A glide of flying fish トビウオ
A company of archer fish テッポウウオ
A hover of trout 鱒
A battery of barracuda かます
A herd of sea horses タツノオトシゴ
A party of rainbow fish レインボーフィッシュ
A fleet of bass バス
A swarm of dragonet fish 鼠坊
A flotilla of swordfish メカジキ
A spread of sticklebacks トゲウオ
A stream of minnows ミノウ,ヒメハヤ 《コイ科の小魚》.
A leap of salmon サケ


Goat's TrailGoat's Trail
(1992/06)
Brian Wildsmith

商品詳細を見る
YL: 2.5
語数:560(概算)

There was once a wild goat who lived high in the mountains.
“It’s nice to live so near the clouds,” he thought.
“But I got lonely. All I ever hear the buzz of the bees
and the whistle of the wind.”
One day the wind carried new sounds up from the town in the valley.
 DING-DONG. HONK, HONK VROOM, VOOM.
 UMP-PA-PA.
“That must be an exciting place,” said the goat.
“I must investigate these noises.” And off he went.


高い山の上に一人住んでいた山羊。
谷にある町から聞こえてくる音に惹かれて、調べに行くことにします。

途中で色々な動物を仲間にしながら。。

ふふ、山羊って結構悪いイメージ?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。