英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵本】Two Little Trains / Margaret Wise Brown
2017年03月06日 (月) | 編集 |
Two Little TrainsTwo Little Trains
(2003/09/23)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る
YL:0.6
語数:473

Two little trains went down the track,
Two little trains went West.
Puff, Puff, Puff and Chug, Chug, Chug,
Two little trains to the West.
One little train was a streamlined train,
Puff, Puss, Puff to the West.
One little train was a little old train,
Chug, Chug, Chug going West.


最新式の電車と、古い電車。
2台の電車が西に向かっていきます。

Puff : プップッ(ポッポッ)といいながら動く.
Chug : ポッポッ(シュッシュッ)と音を立てて進む
Streamlined : 流線型の、最新式の

私が読んだのはJean Charlotがイラストのバージョン。
一筆書きのようなシンプルでおしゃれなイラストでした。
Leo and Diane Dillon がイラストを
描いているバージョンも素敵そうです。

スポンサーサイト
【絵本】Little Chicken ・ Little Fur Family / Margaret Wise Brown
2017年03月03日 (金) | 編集 |
LittleChickenLittle Chicken
(1982/09)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る
YL:1
語数:600(概算)

Once there was a little chicken
who belonged to a Rabbit.
The Rabbit found him one day just
breaking out of an egg,
so he belonged to the Rabbit.


あるところに小さなひよこがいました。
ひよこはうさぎと暮らしていました。
うさぎはひよこがちょうど卵から生まれるところに
居合わせたので、
彼はうさぎといっしょにいることにしました。

物語のメインはうさぎが出かけているあいだに
ひよこが色々な動物達と出会うことなのですが、
表紙は、“Little Chicken”というひよこの絵本を
読むうさぎ。
これってうさぎの空想なのかな?

Margaret Wise Brown さんの本って、
いつもちょっと不思議な雰囲気があります。



Little Fur FamilyLittle Fur Family
(1951/09/25)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る
YL:1
語数:480

The little fur father
said good morning one day
put on his hat and went away
out into his little fur world.
The little fur mother
bathed her fur child
and off he went
to play in the wild wood
where they lived.


森に住むもふもふ毛皮の熊の一家。
毛皮にふわふわの毛皮のコートを着て、
さわり心地よさそう~。

あったかそうな姿にあたたかなイラスト♪



【絵本】The Little Island ・ The Dead Bird / Margaret Wise Brown
2017年02月13日 (月) | 編集 |
The Little Island (Dell Picture Yearling)The Little Island (Dell Picture Yearling)
(1993/10/01)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る
YL:1
語数:717

There was a little Island in the ocean.
Around it the winds blew
And the birds flew
And the tides rose and fell on the shore.


大海原の真ん中に、
ぽつんと島がありました。
風がびゅんびゅん吹きつけます。
鳥がときどき飛んできます。
岸辺に波が打ち寄せます。

大洋にぽつんと浮かぶ小さな島の秘密とは?

Caldecott Medal受賞作



The Dead BirdThe Dead Bird
(1995/03/31)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る
YL:0.5
語数:375

The bird was dead when the children found it.
But it had not been dead for long --- it
was still warm and its eyes were closed.
The children felt with their fingers for the quick
beat of the bird’s heart in its breast.
But there was no heart beating.
That was how they knew it was dead.


野原で死んでいる小鳥を見つけた子供たち。
森に埋葬することにします。
「禁じられた遊び」?

誰もが子供の頃経験があることかも
しれません。



【絵本】The Indoor Noisy Book / Margaret Wise Brown
2016年09月28日 (水) | 編集 |
The Indoor Noisy BookThe Indoor Noisy Book
(1942/01/21)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:500(概算)

1942年初版のようで、アンティークな懐かしい雰囲気の絵本です。

The little dog Muffin had a cold.
You can’t go outdoors Muffin, they said.
You have to stay in the house all day
and sleep a lot in your own little bed.


犬のマフィンは風邪をひいてしまいました。
今日は外には遊びにいけません。
一日家にいて寝ているように言われます。
目を閉じて寝ていると、台所からお風呂場から居間から、
色々な音が聞こえてきます。

風邪をひいて学校を休んでいるときのことを
思い出しました。
それにしても立派なお家です。^^

日本語版は江國香織さんが翻訳されているのですね。

おへやのなかのおとのほんおへやのなかのおとのほん
(2004/09)
マーガレット・ワイズ ブラウン

商品詳細を見る

【絵本】Wheel on the Chimney / Margaret Wise Brown
2014年07月30日 (水) | 編集 |
Wheel on the ChimneyWheel on the Chimney
(1998/06)
Margaret Wise Brown、Tibor Gergely 他

商品詳細を見る
YL:1
語数:850

First there was one stork,
Then there were two.
They had just arrived from Africa.
They built a nest on a wheel on top of a chimney.
They built in the spring when there was no smoke
and the chimney would not be used again until winter.


春にアフリカからヨーロッパに渡ってくるstorkこうのとり。
冬まで使われていない煙突に巣を作ります。

冬にアフリカに移動し、春にアフリカから渡ってくる様子が
色鮮やかなイラストで華やかに描かれます。

In the olden days storks built nests on trees.
But it is considered a great honor to have a stork settle
on your house --- great honor and great good luck.


こうのとりが家に巣を作るのはとても名誉あることで
幸運の印なのですね。

コールデコット・オナー賞。


【絵本】Wait Till the Moon Is Full / Margaret Wise Brown
2013年10月02日 (水) | 編集 |
Wait Till the Moon Is FullWait Till the Moon Is Full
(1989/11/15)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る
YL:1.7
語数:919

まんげつのよるまでまちなさいまんげつのよるまでまちなさい
(1978/07)
マーガレット・ワイズ・ブラウン

商品詳細を見る

夜に外に出かけて、
月をみたり、
フクロウと知り合ったり、
どんなに夜が暗いか
どんなに夜が広がっているか
自分の目で確かめてみたいアライグマ君。
お母さんに「外にいってもいい?」と聞くと、
いつも答えは「満月になったらね」

Here is a book about a little raccoon
who wanted to go out in the night
 and see the moon
 and know an owl
 and how dark is dark
 and how big is the night
 and see a bird fall out of his nest
 and fly away in the moonlight
 and find another little raccoon to play with.

But his mother always said,
“Wait. Wait till the moon is full.”
So the little raccoon waited and he wondered
and his questions came faster and faster…
until at last, one night, his mother said,
“Off you go, for ---(and you turn the last page)
the moon is full.”

扉の紹介文より

マーガレット・ワイズ・ブラウン:Margaret Wise Brownさんの本は
言葉の繰り返しが静かで、お母さんと子どもの温かな雰囲気が素敵な本
ばかりですが、ウィキペディアによると結構華やかな人だったみたいですね♪

【絵本】Goodnight Moon ・ A Child's Good Night Book / Margaret Wise Brown
2012年11月21日 (水) | 編集 |
Goodnight Moon 60th Anniversary EditionGoodnight Moon 60th Anniversary Edition
(2012/01/01)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る
YL:0.5
語数:130

緑の部屋のベッドにウサギ君。
部屋の中には色々なものがあります。

ひとつひとつに「おやすみ」って
言っていきます。

Goodnight room
Goodnight moon

Goodnight kittens
And goodnight mittens

Goodnight clocks
And good night socks


韻を踏んだリズムが心地よく
眠りを誘います。

今年出版されたのが、60th Anniversary Edition
ということなので、ロングセラーなのですね。

A Child's Good Night BookA Child's Good Night Book
(1992/09/30)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る
YL:0.8
語数:280

Night is coming.
Everything is going to sleep.
The sun goes over to the other side of the world.


夜がきました。
眠りにつく時間です。
太陽は向こうの国に行きました。

鳥も魚も羊もライオンもみんな眠っていくよ、
と子供を寝かしつけるのにぴったり絵本?

最後に描かれているのは眠りにつく前のお祈りの言葉でしょうか。

【絵本】The Important Book ・ The Runaway Bunny / Margaret Wise Brown
2012年11月19日 (月) | 編集 |
The Important BookThe Important Book
(1990/03/10)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:414

色んなものの「たいせつなこと」が書かれている絵本。
わりに最近丸善の洋書コーナーで平積みされているのを見て、
びっくりしました。
初版は1949年。ロングセラーなのですね。

amazon.comのカスタマーレビューの評価は高いですが、
日本では賛否両論?
確かにさらっとしているので評価が分かれる本かもしれません。
私も実はそこまで評価されているポイントが
ちょっとよくわかりませんでした。。

The important thing
about a spoon is
that you eat with it.
It’s like a little shovel,
you hold it in your hand,
you can put it in your mouth,
it isn’t flat,
it’s hollow,
and it spoons things up.
But the important thing
about a spoon is
that you eat with it.




The Runaway BunnyThe Runaway Bunny
(2012/01/01)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:385

Once there was a little bunny who wanted to run away.
So he said to his mother, “I am running away.”
“If you run away,” said his mother,
“I will run after you, For you are my little bunny.”

「僕、走っていきたいんだ」と、うさぎ君が言いました。
「もしあなたが走っていったら、追いかけるわ」と、お母さんが言いました。
「あなたは私の大切なぼうやだから」

逃げるうさぎ君と追いかけるお母さん。
愛された記憶が自信をつくるのですね。

trout : マス
trapeze : (曲芸・体操用の)空中ぶらんこ.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。