英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵本】The Merry Pranks of Till Eulenspiegel / Lisbeth Zwerger
2017年02月17日 (金) | 編集 |
The Merry Pranks of Till EulenspiegelThe Merry Pranks of Till Eulenspiegel
(1990/11)
Heinz Janisch

商品詳細を見る
YL:3
語数:2750(概算:250*11)

民話「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」から
邪気のないいたずら話が11編収録されています。

ウィキペディアによると
「伝承主体と思われる当時の遍歴職人たちの実体験に基づいていると
見られている。親方にいじめられた遍歴職人達は、このティルの仕返しを
方々で語り継いで、溜飲を下げていたのである。」
ということですが、

この絵本では直接そういった感じの話はひとつぐらいで、
中世ドイツの雰囲気が味わえる不思議な話が多いです。
イラストの力も大きいかも。

ティル・オイレンシュピーゲルって名前はよく聞きますが、
読んだことはなかったので、ちょっとその一部に触れることが
出来て嬉しいです♪

裏表紙の紹介文:

Till is a prankster, a vagabond merrymaker in the grand old tradition.
Quick of wit, light of foot, ready to get as good as he gives,
Till is full of crazy ideas, and he’s bold enough to put them into action.
Eleven beautifully translated episodes trace Till’s merry life
from his rough-and-tumble boyhood to his final prank at his own funeral.




スポンサーサイト
【竜の絵本】The Deliverers of Their Country / Lisbeth Zwerger
2013年01月10日 (木) | 編集 |
The Deliverers of Their CountryThe Deliverers of Their Country
(1996/11)
Edith Nesbit

商品詳細を見る
YL:4
語数:4855

ある日突然町中にドラゴンが溢れ出し、
人々の生活を脅かし始めます。

何とかしなくては、とHarryとEffieは
ドラゴン退治伝説のセント・ジョージのところに
行くことにしますが。。

イギリスっぽい?というか皮肉が効いていて
不思議な竜退治のお話です。

表題のdelivererって、救世主っていう意味が
あるんですね。
postal deliverer 郵便配達人
promised deliverer 約束された救世主

The Project Gutenberg EBook of The Book of Dragons
の3編目(→こちら)で読めます。
絵本の方がイラストがあってよくわかりますが。

Lisbeth Zwergerの絵本として読んでいましたが、
物語の作者は、「砂の妖精」などを書いた
イーディス・ネズビット(Edith Nesbit)
だったんですね!

裏表紙の紹介文:
When an unusual spell of warm weather hatches out
several hundred thousand dormant dragons,
Britain seems doomed to a fiery death.
But young Harry and Effie do not give up,
and eventually earn the gratitude of the entire nation.

spell (天候などの)一時,ひと続き.
  a spell of fine weather 晴天続き.
dormant 休眠中の
doom 運命づける
earn the gratitude 感謝を受ける


【クリスマス絵本】The Night Before Christmas / Lisbeth Zwerger
2012年12月24日 (月) | 編集 |
The Night Before ChristmasThe Night Before Christmas
Clement Clarke Moore Lisbeth Zwerger
Minedition 2005-09-15
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
YL:2.5
語数:541

クリスマスの前の晩のお話。
これが二行連句(二行一組で脚韻を踏む韻文)?
最後まで2行づつ韻を踏んでいます。

イラストも詩的な雰囲気です。

‘Twas the night before Christmas, when all through the house
Not a creature was stirring, not even a mouse;
The stockings were hung by the chimney with care,
In hopes that Saint Nicholas soon would be there.

The children were nestled all snug in their beds,
While visions of sugar-plums danced in their head;
And Mamma in her kerchief, and I in my cap,
Had just settled down for a long winter’s nap,

'twas : (poetic) it was
snug : 心地よく暖かい.
sugarplum : 砂糖でできた小さいキャンディーの総称
kerchief : 三角形に折り頭を覆ったり首の周りに巻く四角いスカーフ


【クリスマス絵本】The Gift Of The Magi / O Henry ・ Lisbeth Zwerger
2012年12月23日 (日) | 編集 |
The Gift Of The Magi (Aladdin Picture Books)The Gift Of The Magi (Aladdin Picture Books)
Lisbeth Zwerger

Aladdin 1997-10-01
売り上げランキング : 81881

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
YL:4.5
語数:2075

オー・ヘンリーの『賢者のおくりもの』
お話は知っていても、ホロリとします。
リスベート・ツヴェルガーのイラストも素敵です。
余白を生かした配置と髪やスカートの質感に
うっとり。

英語は単語や言い回しが難しく、文字もカリグラフィに
なっているので、少し読みにくいのですが、
クライマックスの夫婦ふたりのやりとりに、温かい気持ちに
なります。

One dollar and eighty-seven cents. That was all.
And sixty cents of it was in pennies.
Pennies saved and two at a time by bulldozing the grocer
and the vegetable man and the butcher
until one's cheeks burned with the silent imputation of parsimony
that such close dealing implied.
Three times Dela counted it.
One dollar and eighty-seven cents.
And the next day would be Christmas.

乾物屋や八百屋や肉屋に無理矢理まけさせたので、
しまいに、こんなに値切るなんてという無言の非難で
頬が赤くなるほどでした。

parsimony 極度の倹約,けち.
imputation 非難,
implied 暗に含まれた
【クリスマス絵本】The Nutcracker / Lisbeth Zwerger
2012年12月16日 (日) | 編集 |
The NutcrackerThe Nutcracker
E.T.A. Hoffmann Lisbeth Zwerger
North-South / Night Sky Books 2004-09-23
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
YL:3.5
語数:4200(概算:350*12)

チャイコフスキーの三大バレエのひとつとして有名な『くるみ割り人形』
の原作、E.T.A.ホフマンの『くるみ割り人形とねずみの王様』を抄訳した
リスベート・ツヴェルガー(Lisbeth Zwerger)のイラストが美しい絵本です。

くるみ割り人形、ってこんな話だったんですね。
お話の中にお話が挟まっていたりするので、
結構複雑な構成で、最後まで気が抜けなかったです。
イラストがないと迷いそうな幻想的なストーリーでした。

seven-headed Mouse Kingが怖い。。
この時代はほんとにネズミが怖かったんだろうなあ。

裏表紙の紹介文:
For nearly 200 years, E.T.A. Hoffmann’s tale, The Nutcracker,
has enchanted readers, inspired artists and composers,
and delighted audiences around the world.
In cities and towns everywhere, children thrill
to annual performances of Tchaikovsky’s classic Christmas
ballet about a girl named Marie who helps a wooden nutcracker
defeat an evil army of mice and is rewarded by a visit
to the magical dreamworld, the Land of Toys.
Lisbeth Zwerger’s stunning interpretation of The Nutcracker,
adapted from the original Hoffmann tale,
rounds out the story depicted in the baller,
exploring the background of the feud between Nutcracker
and the seven-headed Mouse King,
the true role of the mysterious Drosselmeier,
the tragic fate of Princess Pirlipat,
the spell cast by Mistress Mousie that is finally broken
by loyal Marie, and the satisfying,
happily-ever-after conclusion to the great battle
and fantastic journey.
In pictures filled with wit, whimsy, drama, mystery,
and magic, Lisbeth Zwerger transports us to the darkest
reaches and brightest beauty of this fairy-tale world.

feud : 確執、(長期の)反目
scorn : (軽蔑して)拒絶する


【絵本】Little Red Cap ・ The Swineherd / Lisbeth Zwerger
2012年09月29日 (土) | 編集 |
Little Red CapLittle Red Cap
(1995/06)
Jacob Grimm、Wilhelm Grimm 他

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:1044

グリム童話『赤ずきんちゃん』。
ひさしぶりに読むと、ひぇ~、衝撃的な話ですね。
イラストがちょっと怖いからかも?

グリム童話というと、
シャーリーズ・セロンに続いてジュリア・ロバーツが
白雪姫の継母役を演じる映画『白雪姫と鏡の女王』が公開されていますが、
残念ながら今年亡くなられた日本が誇るデザイナーの石岡瑛子さんが
デザインされた衣装を
YOKO'S MOVIE DIARYのYOKOさんが素敵な解説つきで紹介してくださっています♪
(サイトはこちら♪)
ありがとうございますヽ(^o^)丿
繊細な刺繍などもよくわかってとってもきれいです☆

『白雪姫と鏡の女王』の監督は『落下の王国』『インモータルズ』の
ターセム・シン監督なんですね。
石岡瑛子さんって監督の創る世界観に欠かせないということで、
全作品に参加されていたんですね!

えっ、フィル・コリンズ引退されたのか。。
えっ、あの件で『スノーホワイト』の続編製作が中止になったのか。。
へぇ、ハリウッドは今、空前の童話ブームの真っ最中なのか。。
えっ、ウェディングドレスってドレス屋さんで試着出来るんですね!既婚でも!
えっ、『レイトン教授VS逆転裁判』が11月に発売予定なんですね。
(段々話題がずれていっている・・・すみません(^_^;)

The SwineherdThe Swineherd
(2008/09/18)
Hans Christian Andersen

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:1526

アンデルセン童話『ぶた飼いの王子さま』。
初めて読みました。
へえぇ~、面白い展開ですね。

豚に真珠?
私も大事なものを見失わないようにしよう・・。

Project Gutenberg's Andersen's Fairy Tales
THE SWINEHERD で読めます。

There was once a poor Prince, who had a kingdom.
His kingdom was very small, but still quite large enough to marry upon;
and he wished to marry.


【絵本】Hansel and Gretel ・ Thumbeline / Lisbeth Zwerger
2012年09月26日 (水) | 編集 |
Hansel and GretelHansel and Gretel
Grimm Brothers Lisbeth Zwerger
Minedition 2008-03-27
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
YL:2.5
語数:3200

グリム童話の『ヘンゼルとグレーテル』。
厳しい世界ですよね。

throw crumbs on the path
とか
the cottage was made of bread, roofed with cakes,
and the windows were pure sugar
とか
stick your finger out, so that I can feel how fat it is
とか
語り継がれるイメージの数々。

Once upon a time there was a poor woodcutter who
lived near a forest with his wife and two children,
a boy named Hansel and a girl named Gretel.

forsake : 見捨てる、見放す
morsel : ひと口、少量
bawl : 叫ぶ、わめく


ThumbelineThumbeline
Hans Christian Andersen Lisbeth Zwerger
North South Books 2009-04
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
YL:2.5
語数:1400

アンデルセン童話の『おやゆび姫』。
こんな話でしたっけね。
希望を捨てず、頑張れっ!って話かも。

Once upon a time there was a woman
who longed for a child.
She went to see an old witch,
who gave her a magic barleycorn.
“Put it in a flowerpot,” said the witch,
“and you will see what you will see!”
“Thank you kindly,” said the woman.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。