英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
【絵本】From Head to Toe ・ The Honeybee and the Robber / Eric Carle
2017年01月20日 (金) | 編集 |
From Head to ToeFrom Head to Toe
(1999/09/22)
Eric Carle

商品詳細を見る
YL:0.5
語数:207

頭からつま先まで動かせるかな?
動物たちの挑戦にトライ♪

I am a penguin
and I turn my head.
Can you do it?

I can do it!



Honeybee and the RobberHoneybee and the Robber
(1981/03/26)
Eric Carle

商品詳細を見る
みつばちとどろぼう
YL:2
語数:500
ABOUT BEES
YL:4
語数:1485(概算:9*165)


タグを引っ張ると動く仕掛け絵本。

危険をすり抜けせっせと花蜜nectarを巣に集めるHoneybee。
おいしそうな蜂蜜を狙って熊がやってきます。

ハチの生態についてわかります。
最後にページごとの大人向けの詳細な情報が付記されているので、
そこまで読むとよりハチについて詳しくなります。

In a hive inside an old hollow tree there lived a honeybee.
With her lived many, many other bees.
One warm morning the air was filled with the sweet smell of flowers.
The honeybee and her sisters flew out of the hive.


larva 幼虫


関連記事
【絵本】Once a Mouse...もとはねずみ / Marcia Brown
2017年01月19日 (木) | 編集 |
Once a Mouse...Once a Mouse...
(1989/09/30)
Marcia Brown

商品詳細を見る
YL:3.5
語数:320

もとはねずみ…―インドに古くから伝わるおはなしよりもとはねずみ…―インドに古くから伝わるおはなしより
(2011/03)
マーシャ・ブラウン、晴海耕平 他

商品詳細を見る


One day a hermit sat thinking about big and little
– Suddenly, he saw a mouse about to be snatched up by a crow.


ある日、隠者が世の中のすべてについて考えていると
突然ねずみがからすに襲われているのを見ました。

隠者と間一髪のところで助けてもらったねずみの寓話が、
雰囲気のある木版画で語られます。

A rajah of ancient India is said to have had
such popular animal fables collected as a
“mirror for princes” to instruct his errant sons.


昔インドの王侯が気まぐれな息子達に
王子としてのふるまえを教えるために
この有名な動物の寓話を集めたと
言われているそうです。

誰が自分をここまでひきあげてくれたのか
決して恩を忘れるな、
ということでしょうか。

hermit 隠者,世捨て人.
snatch ひったくる,ひっつかむ,
chide  しかる
wretched みじめな,哀れな
rajah  (昔のインドの)王侯,ラージャ.
errant 常軌を逸した、誤った、冒険的遍歴の、気まぐれな

Caldecott Medal賞受賞作。


関連記事
【絵本】Shadow 影ぼっこ / Marcia Brown
2017年01月18日 (水) | 編集 |
ShadowShadow
(1995/11/01)
Marcia Brown

商品詳細を見る
YL:4.5
語数:720

影ぼっこ影ぼっこ
(1983/12)
ブレーズ・サンドラール

商品詳細を見る

The eye has no shadow.
All the children of the Moon
and of the Sun,
the Earth, the Water,
the Air, the Fire,
own no shadow.
Shadow itself has no shadow.
Shadow lives in the forest.
It goes forth at night
to prowl around the fires.
It even likes to mingle
with the dancers.
Thus it is both prowler and dancer.


prowl  うろつく. 徘徊する,ぶらぶら歩く
mingle 混ざる


アフリカの村の人々と共生するシャドウが
鮮やかな色の背景と影絵で語られます。

夜たきぎを囲んで踊り、
物語が語られるとき、
影の存在が強く意識されたことが
体感できる絵本でした。

The Caldecott Medal賞受賞作。

関連記事
【絵本】Burt Dow, Deep-Water Man 沖釣り漁師のバート・ダウじいさん / Robert McCloskey
2017年01月17日 (火) | 編集 |
Burt Dow, Deep-Water Man (Picture Puffins)Burt Dow, Deep-Water Man (Picture Puffins)
(1989/03/01)
Robert McCloskey

商品詳細を見る
YL:4.2
語数:3209

Burt Dow is an old deep-water man, retired of course,
but retired or not he still keeps two boats.
One is a dory so old and so leaky that it can no longer be launched.
Burt has painted it red and placed it on the little patch of lawn
in front of his house, overlooking the bay.
He’s rigged it like one of the many ships he’s sailed to
all the corners of all the seven seas.
It’s filled plumb to the gun’ls with earth,
and every summer Burt plants it with geraniums and Indian peas.
The geraniums brighten up the deck,
and the Indian peas climb the rigging and sway this-a-way,
that-a-way, in a smoky sou’wester.



七つの海を航海したBurt Dowじいさん。
ペットのかもめをお供に今日も海へとくりだします。

いやあ、難しかったです。
海関係の知らない単語が続出~。
迫力のカラーイラストを見ていけばストーリーは追えるのですが。
お話も予想を裏切る不思議な展開。
Burt Dowおじいさん&giggling gullがいい感じです。

dory  ドーリー(船) 《北米東岸地方で用いられる小型の平底船》
leaky  漏れ穴のある,漏る,漏りやすい.
patch  一区画.
rig  〈船に〉索具を装備する; 艤装する
rigging  索具 《マストや帆を支えるロープやチェーン類一式》, 艤装
plumb  垂直に; きちんと、《米口語》 まったく,すっかり
sway  揺れる
sou'wester  丈長の防水コート、暴風雨帽
caulk  詰め物をする、〔穴・亀裂・隙間などを〕塞ぐ[コーキングする]
stern 《海事》船尾{せんび}◆【対】bow
giggle  くすくす笑う



関連記事
【絵本】Lentil ハーモニカのめいじんレンティル / Robert McCloskey
2017年01月16日 (月) | 編集 |
Lentil (Picture Puffins)Lentil (Picture Puffins)
(1978/04/27)
Robert McCloskey

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:845


"In the town of Alto, Ohio, there lived a boy named Lentil.
Lentil had a happy life except for one thing
– he wanted to sing, but he couldn’t!
It was most embarrassing,
because when he opened his mouth to try,
only strange sounds came out…
And he couldn’t even whistle because he couldn’t pucker his lips.
But he did want to make music,
so he saved up enough pennies to buy a harmonica. "


2ページに1行なので、ここまでで見開きのイラストが5枚。
蒸気機関車が走っている頃のアメリカ、オハイオの小さな町の様子が楽しめます。

pucker〈唇を〉すぼめる
lentil ヒラマメ,レンズマメ

ハーモニカを手に入れたLentil。
いつでもどこに行くときも吹きまくり♪

"So he played a lot, whenever and wherever he could. "

嬉しくて嬉しくてはまりまくる、っていうのが
なんでも上達するこつですね^^

関連記事